事務局?主催者?(スピレポ真理子集客奮闘記#5)

あれだけの講演&神社参拝スケジュールを手伝ってくれる人(秘書、弟子のような人)なしにこなせるはずがない。私のコアブリーフ(思い込み、刷り込み)は結構根深くて、つい先日、本人(大仙人)に直接色々確認するまで、納得がいきませんでした。

かえるさん(北海道の大仙人の神社参拝とセミナーを2月から(これを書いた時点では昨年10月と思っていましたが、訂正いただきびっくり。。)お手伝いをしている方で、私が名古屋事務局になる前に、彼女からどんなことをやるのか説明を受けました)にZOOMで聞いていたと思うのですが、聴き逃してしまったのかもしれない。他にも絶対集客や運営を手伝っている各地域の人が何人かはいるはずだ!!

その人達はどんなふうにやっていっているのだろう。と思って、最初大仙人の幾つかのフェイスブックグループで名古屋事務局就任の挨拶とともに「色々教えてください!!」と呼びかけるも、なんか変な雰囲気。

「え。私聞いてはいけないこと、聞いちゃったのかな??」

大仙人の写真やセミナーにしょっちゅう出ていたり、記事をシェアしたり、している人が事務局(主催者さん)なんだろうと思って、セミナー主催者さんですか?とメッセージをコメントしたら、なぜだかわからないけどかえるさんに怒られる(笑)

「彼女は神社参拝の事務局」!!(神社参拝の事務局って何???聞いたら余計おこられそう。。)

かえるさんは事務局っていう言葉も好きじゃないらしい。主催者のほうがいいのか??

普通主催者ってさ。先生の講演会出て、すごく感動して先生が大好きになって、「私の地域でも講演やってください」みたいになって、じゃあ私が主催します。先生、日時、会場はこれでいいですか??というパターンだと思っていたのですが、大仙人スタイルはちょっと違うらしい。

えー。どうすりゃいいのよ。これから。

私は名古屋事務局なくなっちゃったら、名古屋でセミナー受けれなくなるかも。(私を含め、今受けている人が困る)と思ったんだよね。それが引き受けた理由の一つでもあるけど。

多分、大仙人は一人でも全国セミナー開催できる。事務局いなくなっても名古屋セミナーは開催される。

けど引き受けて良かったなーと思うことがある。きよみんとその前の主催者さんの努力を無にしなくてすんだから。

天下取りの大仙人名古屋セミナー。3代目の私は家康(あるいは家光)のポジション。もしかしたら、創業者の苦労知らずの美味しいところ取りなのかもしれない。私は名古屋じゃなくて埼玉出身だから、名古屋の人からしたらよそ者。

急に出てきてしゃしゃり出て、あまり良く思っていない人(ジェラシーか??)もあるのも事実。

2代目きよみんは秀吉ではなくて伊達政宗(東北出身だから)かな。開拓者。

そんなことを思う今日このごろ。ちょっと前にかえるさんにZOOMでフェイスブックのイベントページの複製のやり方を伝授したら(※私はZOOMでパソコン操作教えてます。1時間2,000円です。年内モニター価格。)かえるさんどんどんイベントページを作れるようになっちゃって、今は北海道地域を超えて大仙人の秘書みたいになっちゃった。

名古屋事務局が一番歴史があって、独自に開拓してきたんだなと分かって、なんか身の引き締まる思いです。これから大仙人、宇宙拡大路線 あっ軽くいきますよ。

長居和尚(スピレポ真理子集客奮闘記#4)

#3の続きから。たからこさんがおすすめしてくれた、シータ・コマンドの本、読んでみたらめっちゃテンション上がって(こういう願望実現のノウハウ大好き)大仙人に教えてもらったことも思い出しながらやってみることにしました。

そしてお風呂タイムがシータ・コマンドタイムになりました。シーター波は私と相性が良いみたい。リライト(金山の会場)に20人ぐらいの受講者をイメージしながら「名古屋セミナー集客成功しました。ありがとうございます。」

すぐ出来ないことにフォーカスしていたネガティブが消えて、ワードプレスで別サイトをつくるアイディアが浮かんだのです。(その前まで今までやっていたネットショップのページに一部大仙人の紹介載せてたけどね)

超能力上級編で教えてもらったシーター波コマンド大仙人のオリジナルアレンジは”なぜだかわからないけどそうなる”という長居和尚テイストも入っていました。

実は超能力上級編で教えてもらった、もうひとつの神様降臨は、セミナー終わってから何回か練習したんだよね。あまりにたからこさんが上手だったから置いてかれるような気がしたし、アバンダンシア様降臨したかったから。

アバンダンシア様は長居和尚のユーチューブの動画(面白いのでおすすめ)で豊かさの豊穣の神とういことで、お金、豊かさをお願いするには美しさをたたえてくださいというメッセージが印象的でした。

長居和尚という愛知県豊田市在住のスピリチュアル講演家&守護神鑑定をされる方がいるのですが、大仙人名古屋ファミリーはほとんどがこの長居和尚経由(コラボセミナーをやっている)で大仙人と出会ったのです。

私のように逆パターン(リッチアンドウェルシーのHPに書いてあるスピ界の巨匠 長居和尚って誰??)と興味を持ったのは稀有なケース。

長居和尚のまぐまぐメルマガも面白くて、最近もセミナー名古屋でやって大仙人ファミリーが沢山参加したみたいだけど、私は事務局引き継ぎで一杯一杯で見送り。長居和尚、小林正観さんのテイストが結構はいってるなーと思います。脱力系です。大仙人とは一緒にダウジング(と聞いたと記憶しているが、間違っていたらごめんなさい)を習った学び友達らしい。

そうそう。この大仙人の事務局システムも長居和尚が採用しているのを導入したそうな。で。事務局って全国に幾つかあるんだろうな?名古屋事務局引き受けたときは私そう思い込んでいました。だって日本全国飛び回っている大仙人のスケジュール、サポートしてくれる人がいなければ出来ないと思っていたから。

シータ・コマンド(スピレポ真理子集客奮闘記#3)

#2でたからこさんの話しからそれてしまったので戻りますね。

マユミワインの夜のリッチアンドウェルシー会かなりの待ち時間がありました。

私は持っていたドクタードルフィン先生のピンクの本”高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密”を見せて、アマゾンで注文して人気で届くまでめっちゃ時間がかかったこと、森田健さんのフシ友※会員であることなど話しをしたのですが、その場のメンバーみんなフシ友会員でした。※不思議の友

こんな濃ゆいスピ系の話しができるのも大仙人ファミリーの良いところですよ。

その後、たからこさんとは6月の2コマメセミナー超能力初級コースでご一緒だったのですが、7月の中級はスケジュールが会わずふたりともパス(私は7月は既に名古屋セミナー主催者でしたが、その前に入れていた予定があったので7月セミナーは1コマメのみの参加でした。)

8月に中級を飛ばして超能力上級コースの受講となりました。

超能力上級コースの後半のワークはシータ波コマンドと神様ご降臨とご入信ワークというなんともアヤシイ内容なのですが、

たからこさん。神様ご降臨とご入信 めっちゃ上手!!明らかに初心者ではない。ベテランの巫女さんみたい。本当に神様が降りてきた感じで、体がぞくぞくするほど感じました。この人すごい。前世(今世?)で絶対修行している。

(後にたからこさんからお釈迦様の弟子だったとききますが、実は私もお釈迦様の弟子だったらしいのです。。って半分口からでまかせですが。その所以(理由)は後日。あと大仙人もお釈迦様の弟子だったらしい。)

シータ波コマンドは大仙人アレンジで、色々な人のエッセンスを入れてやりやすくなっていたみたいなのですが、よくわからないけどこんなもんかなという感じでした。3時間☓3コマのセミナーをみっちりうけたら情報量多すぎて消化出来ずに本当に大変。

特に今年の8月は私、熱中症になって1日寝込んだこともあり、体調最悪でした。前日の神社参拝(大神神社、多度大社)も写真見てもヘロヘロ。そしてその後2週大仙人連続イベント(次の週は伊勢神宮正式参拝と喫茶店ぷらなでのおはなし会)に突入するのでした。

そんなこんなで8月のセミナー、イベントは終わったのですが、9月8日の夜にたからこさんからLINEでメッセージがきました。


前回の上級でシータ、コマンドを身につけられなかったので

アサラ、ラブジョイの
シータ、コマンドを中古で購入しました。

30ページ読んだだけで、本好きの高尾さんにお知らせしようと思いました🎶

アマゾンで見てください。
おすすめでーす🎵


その頃集客がうまく行かずに、なんかフェイスブックのイベントページをつくるのでさえめんどくさくなって、あっ軽くではなくて義務感や責任感のほうが大きくなって苦しくなっている時でした。はっきり言って本を読む気にはなれなかったのですが、

ちょっと待て。シータ波といえば、私、自営業を19年やっていますが、その半分はお勤めとの兼業なんですね。(今もですけど)

だけどプライドが高くて突っ張っている部分があって、昔お勤めしても続かなくて(経営者と喧嘩したり)苦労して、それでもお金欲しいし、どうしようってなって、お勤めの苦手意識を数年前、このはさんという豊川市内の主婦ヒーラーさんに、”シータヒーリング”をしてもらって解決したことを思い出しました。(1回だけでめっちゃ効いて同じ職場最高で4年3ヶ月続きました。)

シーターコマンド。気を取り直して、読んでみるか。セミナー受けたらフツーそれで終わりの人が多い中、たからこさんは貪欲だなーと本当に尊敬しております。あとで聞いたら本人曰く、長年シーターコマンドを身に着けたかったそうですが。本はアマゾンで中古で500円ぐらいでした。

#4に続く

マユミワイン(スピレポ真理子集客奮闘記#2)

#1からだいぶ間があいてしまいました、色々なことがありました。順を追って話すというのがめんどくさくなってきましたので、時間の流れを無視して前後しながら続けていきたいとおもいます。

このサイト(ワードプレスでのハッピーラッキーミラクル大仙人名古屋事務局)が出来たのは、大仙人名古屋セミナー、神社参拝参加者、勉強仲間の財部豊子さん(たからこさん)のおかげでもあります。

たからこさんと初めて会ったのはまだ事務局を引き受ける前の2017年5月11日(木)宇宙的にはウエサク祭の日であり、私がネットショップ本店サイトを閉店した翌日のタイミングでした。

大仙人のセミナーはその前の3月に金運アップ、4月にノンデュアリティーを名古屋伏見の宝第一ビルで受けましたが、金運アップは3人、私ともう一人の女性(大阪のほうから参加)と主催者のきよみん。ノンデュアリティーは2人、私ときよみん(主催者)という参加人数でした。

大仙人の教える内容(めっちゃ凝縮、充実)に比べてこの受講者の少なさ。

大丈夫なんかい。って思うようね。

特に主催者に対して心配してしまった私。というのも半年前、異性間コミニュケーションの婚活スペシャリスト佐藤律子さんのセミナーを主催して集客大失敗して金銭的にも痛い思いを経験してるからね。

きよみんの必死さ(なんとなくただならぬものを感じた)には申し訳ないですが、大仙人をスピリチュアルのメンターにしようかまだ見極めている最中で、5月のセミナーの日程を知ったのが直前で仕事の休みがそれからだと取れにくい感じだったので、内容もアンチエイジングだし(大仙人も、きよみんもはっきり言って見た目若くない!)でパスさせてもらおうかなーと思っていたのでした。

そしたらフェイスブックで名古屋のお蕎麦屋さんで大仙人のおはなし会、ブロック外し自由自在セミナーというイベントを開催されることを知り、面白そうと思ったのでした。

お蕎麦屋さんのおはなし会のお話はまた後日にさせていただくことにして、おはなし会が終わった後にさらに夜の食事会リッチアンドウェルシー会があって、電車に乗って名古屋にワインセラーを持っている”マユミ”さんの隠れ家的な場所に連れて行かれました。

 

ワインを飲む会みたいで、マユミさんのお店のスタッフさん?が美味しそうなおつまみを作ってくれるのだけどなかなかはじまらない。。

そこで待っている間にたからこさんと大仙人の弟子で見た目めっちゃインパクトがある生玉さん(理系なので大仙人はドクと呼んでいる)、後日きよみんとの橋渡しとなってくれたゆいりちゃんと話して仲良くなれたのでした。

#3に続く

大仙人との出会い(スピレポ真理子集客奮闘記#1)

ハッピーラッキーミラクル大仙人はフェイスブックで見つけました。

大仙人をフェイスブックで見つける前の出来事。ちょっと長くなりますが、お付き合いください。

私がフェイスブックをはじめたのは約5年前ですが、当時運営しているネットショップの売上の減少とともに自信をなくし、商品の発送、販売以外の情報発信・行動をほとんどしていませんでした。得意だったパソコンもウインドウズのバージョンがあがって苦手意識が出てきてしまい、パソコンの前にいる時間が激減しました。

スーパーでパートで働き、近所で買物。図書館でスピリチュアル本を借りて読む。ユーチューブでスピリチュアルの動画を見ながら家事をする。家から車で5分のピアノ教室で週一回ピアノを習う。そんな自宅から半径1kmの不本意な生活をここ数年間送っていました。

ところが、2016年3月に石田健さんのメルマガで紹介されていたパソコン仕事5倍塾というパソコンスキルアップの高額塾にどうしても行きたくなり参加しました。塾がはじまって2ヶ月後の5月の連休ぐらいに突然ブレイクスルーがおきました。

文章が降りてくるようになったのです。

”ぱっかーん”今まで閉じていたものが大きく開いたのです。

ショートカットをマスターすることによって、パソコン作業が無意識の領域になります。指の延長上、身体の一部として扱えるようになったら、脳の領域が広がり、今まで使っていなかった部分が開放され、大いなる存在とよりダイレクトに繋がれるようになったのです。どんどんアイディアが溢れ、何でもできると思える無敵状態になりました。

私は16歳のときにタイプを習い、ブラインドタッチをマスターして小説を書いていたのですが、寝食を忘れるほどとても熱中していました。また離婚してネットショップをはじめた26歳の時も1日中パソコンの前で創作活動していたのでした。そしてそれが苦ではなかったのです。

その頃の感覚が蘇ったのでした。人を感動させる面白いメルマガが書けなくなったというのも売上不振の原因でしたので、文章が書けるようになって一気に自信を取り戻しました。パートを辞め、ネットショップV字回復のために行動をはじめました。

そんな中で久家先生というビジネスの先生ができました。久家先生が教えているのは最新のネットを利用したリストマーケティングですが、「思考は現実化する。」「思ったことは必ずできる。」潜在意識の活用、マインドセットも教えています。彼の塾に入ってすぐ、プロダクトローンチとういうネットで億を稼ぐ手法にチャレンジしました。ただあまり余裕がない中、ブランクもあっての大挑戦でしたのでプロモーションは失敗(赤字)に終わりました。

そしてイケイケ(GOGO)で躁っぽい、無敵状態からなんとも後味の悪い現実世界(これもイリュージョンですが。。)に落ちました。売上不振のネットショップと高額塾の自己投資の借金が残りました。

なんて馬鹿なことをしてしまったのだ。何もやらずに半径1kmで暮らしていれば、こんな大失敗や恥をかくことはなかったのに。借金を返すためにフルタイムの仕事に滑り込み再就職。一人だったらそこから立ち直るのは時間がかかったことだと思います。

だけど私には励ましてくれる先生がいました。

私には19歳のときに設定した複数のスモールビジネスを所有する実業家、セミナー講師、ベストセラー作家の夢があります。

自分を卑下するのをやめて、今まで雲の上の存在、憧れだったスピリチュアル作家さんやベストセラー作家、人気セミナー講師さんに怯むことなく、フェイスブックでお友達リクエストを送り、お友達になっていきました。自分をオープンにして大好きなスピリチュアルやビジネスの世界に踏み込んでいったのです。

そんなときに見つけたのが大仙人だったのです。

#2に続く