おたまじゃくしとスクリーンその3(2018年1月26日神社参拝レポート)

多賀大社駅から雪が降りしきる中、門前を歩く。

ちょっとした商店街にもなっていて、私の住んでいる豊川稲荷に雰囲気が似ているが、道路は消雪になっていて真ん中から水が吹き出している。雪が溶けてありがたいが、消雪道路に慣れない私達は通る車と、噴水のような水に気をつけて歩くのに非常に神経を使う。

うっかりすると膝のところまで水がかかる。ひゃーって感じ。完全に靴の中に水が入った。でも家から持ってきた使い捨てカイロを電車の中で足の裏に貼っておいたのでそれほど冷たさは感じない。

数分の道のりが数十分にも感じられる頃、多賀大社に到着。一面真っ白の中、冬の荘厳な社が。とても美しい。

私はなんとも表現のしようがない幸福感に包まれました。

足が濡れていて靴の中に水が入りびちゃびちゃで不快なこと。事務局としての負担や重責。商売としてのイベント、セミナーの集客の収益。そんなことはどうでもいい。

ここに来れたこと。

今ここにいることが至福(私のホーリーネームじゃん。)

このツアーを主催できたこと。関われたこと。すごい。

ウキウキしてかなり舞い上がった気持ちで個人参拝をする。

お賽銭もお札で(8月の伊勢神宮正式参拝よりお札でお賽銭を入れることが増えました。私にとってこれは大きくかわったことです。44年間小銭しか入れたことがなかったのです。。)

しばらくして大仙人が社の左の屋根のあるところで大祓祝詞のワークをはじめた。途中神道セミナーで習った「トホカミエミタメ」を唱える大仙人。

そして個人メッセージ

i-phoneのボイスメモに登録したのを改めて聞いてみるとこんな感じ。

二拝二拍手

(ボンという太鼓の音 カラスの鳴き声 除雪機の車の音)

高尾真理子さんこんにちは。大変な雪の中をはるばるとお越しいただいて、そのかいあっての本日の参拝を祝福いたします。

私共は人類の始まりに、この多賀の地にご縁があって降り立った、イザナギ、イザナミは皆様の遠津みおやがみともうし、みおやがみ、みおやがみのそのまたみおやがみでございます。いわばあなたとも遠い親戚、遠い先祖に当たるわけです。

今年の最初の参拝にここにいらっしゃったことをお祝いして、神より大きなおしるしの御雪を降らせたと言うわけです。

今年は大いにあなたにとっても真っ白なこの雪のように気持ちを新たに、様々なることを取り組むことができるでしょう。そのように真っ白な気持ちで子供のような気持ちになって何事も前向きに取り組めば、私達、イザナギ、イザナミの御子として大いなる神のふさわしをいただけることになるでしょう。

いずれまたこの多賀の社においでくださいませ。それでは失礼いたします。

二拝二拍手一礼

私には多賀大社の白い雪景色がクジラの潮に見えたのです。

「おたまじゃくしがクジラになる」

昨年5月にユイリちゃんにそう占ってもらった私に神様(宇宙)が見せてくれたのだとおもうのです。(おたまじゃくしは多賀大社を象徴しています。)

9人の個人メッセージが終わるのを待っている間にIさんがイザナギ様、イザナミ様の雪だるまを作って楽しんでました。そしてちょっとした雪合戦も。

その4につづく

 

 

 

 

 

 

 

おたまじゃくしとスクリーンその2(1/26多賀大社参拝ツアーレポート)

豊川から名古屋へ向かうには豊川駅から豊橋を経由していくJRを使った行き方と名鉄豊川稲荷駅から名古屋鉄道に乗る方法がある。

私は今回豊橋経由(JR)を選択。

理由は名古屋往復きっぷという少しオトクな切符があるというのもあるが、今回初めての参加者Hさんが豊橋の人だったから。豊橋も名鉄もあるが、名鉄名古屋駅は待ち合わせのJR名古屋駅とは少し離れているので、Hさんと一緒にいくならJRがベストだろうと思った。

三河(愛知県の西部、名古屋(尾張)に対して愛知県の東部をそう呼ぶ)の人は私の夫もそうだけど電車が苦手という特徴がある。普段どこに行くにも車がスタンダード。

愛知県は豊田のお膝元だから道路が整備されていて運転もし易いし、ペーパードライバーの私なんて天然記念物扱い。(もちろんそういう人もいるけど、大抵地元ではなく関東出身の人)

あと目的地へ行くのに名古屋10時発JRの快速大垣行きを大仙人が提案してきたから。その電車って豊橋通って名古屋へ行くと知っていたので、直接それに乗るか、その1本前に乗ればいいかなと思った。

主催者(事務局)だからフツー1本前だろ!と思わないこともないが、金曜日は旦那さんがフツーに仕事の為、お弁当作りがある(愛妻弁当、毎回旦那さん楽しみにしていてくれているのですよ。)今回大仙人が豊川泊まりで名鉄の乗り換えを経験して後で「豊川って遠いな。」と私の大変さをちょっと理解してくれたけど、サポートしてくれるきよみん(大仙人と待ち合わせして名古屋で多分一緒)もいることだし、必要以上に気負わないのがベスト。

朝、名鉄、JRとも遅れが出ている(詳細はネットでは分からなかった)。十分な防寒をして早めに出て電車に乗るが、豊橋に向かう途中の電車内でHさんからメッセージが。「遅れていて45分発に乗りました。乗ってますか?」

もちろん私乗っていない。

豊橋駅につくとなんと、名古屋発10時の快速(豊橋9時4分発)が運休。次の快速電車だと多分名古屋へは10時には間に合わない。どうする?新幹線の運行を確認したら動いている。迷わず新幹線変更切符を買う。

豊川駅で名古屋往復きっぷとともにその先まで買えますか?と聞いていてよかった。行きは米原まで買ってある。名古屋往復きっぷは平日片道510円で新幹線に変更可能。新幹線私大好き。わーい。

スレッドを見ると皆、電車の遅れはあるものの、それぞれ名古屋に向かっているらしい。Hさんの乗っている快速電車を新幹線で余裕で追い越して名古屋の6番ホームへたどり着いた私。3両目に乗ります!と宣言していたので3両目付近へ。紫の旗を持って振り振り参加者を探していたら

「いたー!!」初めての参加者メイヤーさんから後ろから突撃された。

メイヤーさんがスレッドにあげてくれた写真。この直後に大仙人と他の参加者を発見!!奇跡的に10時直前、9人揃う。その場が「ワッ」という雰囲気になる。

大仙人、ホームにいる快速電車を見て「もう電車乗りましょう。」

ちょっとまってHさん忘れてる。Hさんにメッセンジャーで連絡取るともうすぐ名古屋とのこと。多分次の快速に乗ってる。1台電車を見送り、きよみんと一緒に次の電車の中を歩いてHさんを探す。Hさんを無事発見。

ということで10人揃って大人の遠足スタート

天候で中止になる可能性もあった参拝ツアー。念願かなって無事スタートできました!

電車といえば、私2回結婚しているのですが、1回目の結婚は大学3年生の夏休み、電車の中(JR中央線中野ー新宿間)で向かいに座った人でした。というと皆驚くのですが、電車ってスピリチュアル的にはトランスフォーメーション(変容)って意味があるって聞いたことがある。変容の多賀大社参拝ツアー。

景色がどんどん変わり、何回か乗り換えをして(乗り継ぎが悪く途中何度か電車待ち)雪国へ。

「この辺って忘れてたけど北陸だった。。」って大仙人。

大仙人は滋賀県出身。

いつもこの調子、もうだいぶ慣れましたが、知っているなら最初から言ってよ~。

多賀大社駅前の前の駅でぞろぞろ人が降りる。「スクリーン」っていう駅があるのを初めて知った。

時間は正午。通勤時間でもないだろうに。フレックス制なのかな。大雪に慣れた様子で淡々と機械的に降りていく。不思議な光景。

(写真はメイヤーさん、きよみん、大仙人が撮ってくれたのを使っています。私カメラ興味ないので。。いつもありがとうございます。)その3に続きます。

おたまじゃくしとスクリーン(2018年1月26日神社参拝【多賀大社】レポートその1)

2018年1月26日(金)は記憶に残る神社参拝ツアーになりました。準備期間から含めて色々な感動を記録しておきます。

前月12月の神社参拝は刈谷(市原稲荷神社)と蒲郡(八百富神社)でしたが、その後のリッチアンドウェルシー会のファミレスで食事後、次回参拝場所を決め、イベントページも前回のを複製して手直しし、アップしてしまうのが最近のルーティーン。

きよみんがノートを出して、色々な神社の候補を上げていきます。

私は神社参拝ビギナー(神社参拝歴半年)なので、どんな神社があるかもよくわからない。行きたい神社もそうないので、進行役に徹します。

大仙人に意見を求めると、「多賀大社にしましょう。」

12月は近場だったので、遠出も楽しいねということになり(9月の敢國神社、油日神社がとてもよかったのです。車もスムーズで滋賀県結構近いぞみたいな感覚になっていました。)

ミニツアーは基本二社参拝なので、もう一つ滋賀の山の方の神社(なんという神社か覚えていない)の候補になりそうでしたが、きよみんが、「1月末だし、大仙人あのへん雪で車が大丈夫でしょうかね?」

と言って、大仙人もそうだね。雪ヤバイかも。と言う話で多賀大社の近くの真如寺というお寺を2社目にしました。

このときはまさか多賀大社があんな雪国にあるとは知りませんでした。

神社参拝ツアーはセミナーに比べて参加費用も安い(5,000円+交通費)ので、気軽に参加していただけてリピーターの方も回を重ねるごとに増えてきました。

新しい参加者&人数が増えるのは大変うれしいですが、困るのがドライバーの手配。私ペーパードライバーだし、そもそも家に車1台で、神社参拝 平日(金曜日)だから旦那さんが通勤に使っている。きよみんと武仲さんそして西尾組(スピリチュアル大好き女子グループ)一台が候補なのですが、武仲さんは仕事の関係で直前まで参加が分からないという状態。

今回もきよみんから連絡が来てドライバーどうする?という話になり、調べたら多賀大社電車でいけるみたいだよ。(多賀大社駅前という駅がある)車足りなかったら電車で行けばいいね。なんてやりとりをしていた。

そして日本列島に寒波襲来。気温が大きく下がり、雪がちらつきはじめました。25日武仲さんから、名古屋でも日陰の道路はカチカチ。多賀大社は雪の予報で名神高速も通行止め、車で行くのは厳しいかも…というメッセージが。。

とりあえず大仙人に相談するということで、職場の休憩時間メッセージを転送しようとしたら、前日岡崎でセミナーをやっている大仙人から

「今日は岡崎のホテルが取れずに、豊川クラウンヒルズに泊まりです。」

えー。なんで豊川??逆方面だしそんなに私に会いたいの??(勝手な思い込み)

クラウンヒルズは帰り道だから仕事終わりに大仙人の顔を見れるかな?と夜9時に仕事終わって豊川駅前を通って帰ったのですが、めっちゃ寒くてお出迎えを断念。

帰ってから大仙人にメール。無事にチェックイン。コンビニにいるところでした。

メッセージは一応電車案を、イベントページには載せておきました。 車が、雪対応できない場合は危険なので、電車案を勧めた方がいいと思います。

大仙人はすすめたほうがいいというだけ、どうすりゃいいのこれ。

私は天気でイベント開催の中止を決断した過去がフラッシュバック。名古屋緑区で子供会の理事(10つの子供会をまとめる係、子供会の会長の後に選出された。当時母子家庭なのによく引き受けたもんだ。)をやっていて5月の運動会。季節外れの台風襲来の時、心配性のお偉いさんにそそのかされ、良くわからないけど運動会の2日前に中止を決断してしまったんだっけ。

当日は台風直撃ではなくってさ。準備したお菓子を配ってもらって、こんなんだったらやれたのにと文句を言われた。そして他にも、イベントに関わっているお偉いさんが色々いて、その人に一言も言わず、心配性のお偉いさんと私だけで中止を決めてしまったことを責められたのでした。

豊川は全然雪降ってなくて、車で全然行けそうだけど、名古屋はもっと降ってるらしいし、道中・現地は分からない。とりあえず、ドライバーさんに電車になるということを確認(どうしても車で行きたいと言う人はいないだろうけど)

3人とも車でいくことに不安を感じていたみたいなので、電車案に賛成。

よし。ままよ。電車でイベント決行を宣言!じゃ。

参加者のスレッド(メッセンジャーグループ)を立上げ、LINEの大仙人グループにも緊急業務連絡を流す。10時に大垣行きのJR快速に乗れる6番線の名古屋駅のホーム集合に変更。連絡したのが夜の10時52分。

大仙人に豊橋からJR快速で一緒に行きますか?と連絡したらきよみんと約束があるらしく、名鉄で行くというので、結局近くにいるのに別行動を取ることになりました。

と、事前の話が結構長くなってしまったのでいったんリセット

その2に続きます。