うわさの魔物 いばらの道(スピレポ真理子の集客奮闘記#18)

私が小学校低学年のころ夢中になったもの、寝食忘れるほど熱中し、ワクワクしたものの一つに中国の仙人の修行の物語があります。学校の図書館で借りてきて引き込まれ何度も読みました。

大好きなペガサスさんの本「地球を救う愛のスイッチ」(私もこんなスピ本を書いてベストセラー作家になりたい!)冒頭部分で、ペガサスさんが小学四年生の時、友達のケイコちゃんのおねえさん(宇宙人と思われる)とツインソウルについてのお手紙のやりとりをしたという意味深な話があるのですが、私の場合は仙人の修行の本を読んでめっちゃエキサイト(ワクワク)していました(笑)。

とはいえ内容はほとんど覚えていないのですが、三角山に登って足の踏み場もないほどの細い道を歩いたり、こんなことできるわけない!絶対無理というような課題にチャレンジしてそれをやりきって仙人になるのです。私もこういう修行をして立派な仙人になってみたいなんて思ったりして(もしかしたら過去生で仙人修行してきたかもしれないのですが。)

昨年の2月、フェイスブックで偶然見つけた、ハッピーラッキーミラクル大仙人

私が19年やっているネットショップはラッキーアイテム屋 月のわしょっぷそしてミラクル!は大好きな実業家の女先生の口癖。

お金とセクシュアリティーは私の人生のテーマ

極めつけが大仙人

まさに私が惹きつけられるキーワードのオンパレード

大好きな女性の先生が亡くなってから代わりとなるパワフルな女の人を探していて、ペガサスさんに夢中になっていた時期もあったけど、どうしても前の先生が好きすぎて彼女と比べてダメ出しがでてしまい踏み切れなかった。

で、19年やったネットショップも上手く行かなくなって手放して、女性の先生はあきらめ、大仙人を選んだ(事務局のオファーを受けた)

約1年大仙人のセミナーを受けて、名古屋事務局も10ヶ月。毎日がとっても楽しくて、私は大仙人と出会ってからの変化に結構満足していました。

3月に大仙人から???なお誘いのメッセージが届きました。日月神示で示された、日本の時代が始まる「一厘でグレンとひっくり返る神仕組み」というのですが、

大仙人、異常なテンション。言葉が足らず、あまりにアヤシく危険なので、トチ狂ったかと事務局として本当にとっても困りました。なぜ大仙人はわざわざ今までコツコツ信頼を築いてきた人たちに嫌がられたりするような行動をするのか。

3月の神社参拝、セミナー後のリッチアンドウェルシー会、4月の神社参拝後のリッチアンドウェルシー会で大仙人に話を何度も(3度め)聞いてようやく意味がわかりました。これはほとんどの人が持っているお金のブロック(思い込み、固定概念)を打破し、大仙人の出した最短で億り人になるための最適な課題なんだと。

お金の心のブロックを外してお金から自由になるスピリチュアルのトンデモ課題としてはよく聞くのが、1万円札をビリビリ破るとか、銀行から大金をできるだけ安い利息で借りるだけ借りて踏み倒す(利息だけ返して元本返さない)とか、流行っていない神社のお賽銭箱に1万円札を入れて来るとかありますが、それと似たような課題と言えるでしょう。

本当に常識的に考えたらありえない。それだけは絶対無理。お金を無駄にするな(無駄にするのは悪いこと)、損をしたくない。変人と思われたくない。怖い。危険だ。そこを乗り越えていかねばならないのです。

課題をクリアするためにはある程度まとまったお金が必要なのですが、私の事務局としての収入はまだまだですし、昨年末ビジネス塾の借金を肩代わりしてくれた旦那様に毎月の給料から少しずつ返金中の身。

私はそれまで、どうやって断ろう(まとまったお金がなくてはできるハズもないし、大仙人のセミナーでは儲け話は断っていいってあったし)とそればかり考えていたのです。

かといえ、興味が無いわけではなく、安易な方法(宝くじを少額買ってみたり)していました。でも当たるはずもなく。当然です。本気ではなかったのです。4月7日に美塾の初級コース1回めで会って意気投合したアロマの先生のひろりんちゃんのお誕生日パーティに夫婦で行きました。とても素晴らしいパーティだったのですが、ひろりんちゃんが本気だったから誕生会が成功したのだなと実感しました。

大仙人いい加減もうやめてくれと言っても、変人に思われ、信用を失い、人に嫌われるリスクを犯してまで、やってみたらと熱心に話す大仙人信じ、サイエンススピリチュアルの再現性のある宇宙法則を実証したい。私はこの課題に本気で取り組んでみようと決意しました。

それが億り人になるかどうかはわかりませんが(常識的に考えれば考える程とてもそうは思えない)、でもやってみなくては分からないことがいっぱいあります。想像していた結果とは違っていても、いつも大仙人から学んでいる宇宙の法則。出したものが帰ってくる。それに向かって取り組んだエネルギーは無駄にはならないのです。

大仙人の金運セミナー受けて成果を上げた人って3人ぐらい紹介されているけど臨場感あんまない。実名も公表していないし。私が今まで受けた金運セミナーの中で一番本質的で制限がなく、自由で楽しかった。もっと成果(実績)あってもいいのになってずっと思ってた。

金運セミナーやスピリチュアル養成ブランド塾でも”億を稼ぐ”とやってるし、「私が4番目になります!」といつも言っている私。(大仙人のセミナーを受けて収入が億を超えた人は過去3人いると言われています)

セミナー代や合宿代を高い(確かに高いかも、でもそれ以上の価値を生む可能性はある)無理と行動もしないで諦めてしまう。

成果が出ないのは実行力がある人が少ないから。今まで私が受けた高額塾(パソコン、ビジネス塾)でも、みんな応用が下手で実践しない(できなくて)元が取れない。行動力がないのです。そして本気の気持ちがないから。本気で億を稼ぐ気持ちがないのです。(できると思っていないし、やる気もない。)

お金がないなら作ればいい。「無いものは自分で作る。」お嬢様育ちで、お金がなくては何もできないという価値観だった私が、インドで修行した前の夫から学んで、離婚して私がネットショップをはじめたきっかけになった言葉です。

私は35歳の時、肺炎になって39℃以上の熱が13日間続きました。ボロボロになった体をネットで見つけたサイキックの杉之助さんに遠隔ヒーリングで調整してもらって、ついでに7つのチャクラを開いてもらったのですが、杉之助さん(偶然?大仙人と同じ元大手下着メーカーのサラリーマンだった人)に私の分け御霊は”猿田彦”と言われました。世界で20人ぐらいしかいなくて珍しいと言われたのですが、猿田彦って神様実はその時初めて知ったのでした。

猿田彦は道ひらきの神様です。昨年7月の神社参拝(恵那神社)の時たからこさんにも猿田彦ついているよと言われたので本当にそうなのだと思います。(他にもっとすごいのついているらしいですが)

猿田彦=キリストという人もいて 私、キリストの言葉大好きなんです。カッコイイもん。そして誰もチャレンジしたことないこといち早くやるのも好き。

自分を信じて進む”勇気”

以下私の大大大大大好きな本(また出てきましたが、ペガサスさんの「地球を救う愛のスイッチ」より引用させていただきます。

「いばらの道にも花が咲きます。刺があるからだれもこの道の先になにがあるか見に行こうとしません。しかし、もしもその先に、あなたの最愛の人の命を救う薬草があるのなら取りに行くのではありませんか?

その道の先には、竜が出る。それを聞いたら、今、隣りにいる最愛の人のために、いばらの道に踏み込むでしょうか?大多数の人は行かないでしょう。自分の命と引き換えにしてまで、いばらの道には踏みこまない。竜がでるという、まやかしのようなうわさを信じて。

うわさの魔物を信じたその瞬間に、うわさの魔物が人々の心の壁となり、枠となり、いばらの道を進ませなくするのです。そう、人々の心の中にうわさの魔物が棲んでしまったのです。

あなたがこれからしようとしているのは、人々のこの枠を壊しに行くことです。

あなたはいばらの道を進むでしょう。

うわさの魔物を信じる人達は、真実を確かめようともせずに、みんなが信じていることを信じています。魔物はいばらの道に棲んでいる、彼らはそう言います。

それでもいばらの道を進もうとするあなたを笑ったり、けなしたり、誤解したり、とめたりします。あなたと一緒に行こうとする者を、同じ様に、笑い、けなし、誤解し、静止するでしょう。しかし、いばらの道の先にあるものは、その道を進んだものにしかわからないのです。彼らはその道を進んだことがありません。

私達はこうして自分が信じるものを見るのです。存在してもいない、うわさの魔物を大多数が信じたなら、それが常識としてまかり通るのです。つまり噂の魔物は存在することになるのです。

そうやって世界にタブーという枠がつくられました。

多くの人が信じることが常識で、ほとんどの人が信じないことは非常識。

あなたの先に、たいまつを持って、いばらの道を先導してくれる人はいません。人々はあなたを無謀だと思うでしょう。あなたの信じるものを笑うでしょう。そして、一人、また一人と、あなたのそばを離れていきます。

あなたのことを信じていると口で言うものでも、あなたのいないところや、多くの人の前ではあなたの言っていることを非難したり、疑っていたりするそぶりを見せるでしょう。

身近な者ほど、あなたを止めようとします。それは大多数の考えにあたなが沿わないからです。うわさの魔物がいることにしておけば、大多数の人と同じだから安心できるのです。彼らにとってはあなたは「厄介な変人」なのです。

しかしこの道の先にしか、あなたの最愛の人の命を救う薬草はありません。あなたは生きて帰れないかもしれません。あるいは生きて戻るかもしれません。それは誰にもわかりません。

あなたの進む道をそれでもともに歩もうとする者がいるならその人もあなたも非難されるかもしれません。なぜ、その相手を道づれにするのかと?

いばらの道にも花が咲きます。刺があるから、あなたたちは傷つかないように慎重に進まなくてはなくてはなりません。少しでも、うわさの魔物を恐れる心があっては、先に進めないのです。

正しくものごとを見据え、純粋で素直、そして正直な瞳と勇気が必要です。道は険しくとも、志は高く、自分を信じて、たいまつをその手に握るのです。自分の道は自分たちの手で切り拓くのです。

あなたの持ったそのたいまつの炎を信じて進む道は、明るく照らされています。その先に竜がでようとも、勇気を持って進むなら、動物の影を竜と間違えて、おびえることもありません。そしてあなたは、やがて薬草を手に、最愛の人の元に帰るでしょう。

一度ついた道は、その者がその道に進んでいく希望となります。そしてその道はやがて美しいバラの花が咲き誇り、かぐわしい匂いを漂わせます。人々ははじめて、その道が美しいと知ります。

あんなに忌み嫌い、恐れられたいばらの道の花をいとおしいと思いはじめます。最期にすべての人は知るのです。何が真実だったかを。そしてあなたあ何を真実にしたのかを。

自分のすることを信じて進む”勇気”があること、それが創造神があなたを選んだ理由です。

これより大きな理由はありません。」

 

スピレポ真理子の仙人修行で億り人実践日記は私のメルマガ「読むだけでキレイ&ラッキーに!! 月のわ通信で本日より掲載いたします!!登録はこちらをクリック

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です