真夜中のZOOM会議その2(スピレポ真理子の集客奮闘記#12)

久しぶりの奮闘記更新となります。時々筆を絶ち、半引きこもり状態になる私。やる気が起きなくてなんとなく過ごす日々。言い換えればエネルギーチャージしていました。

でも直近2017年11月のセミナー&神社参拝は、井土さん達のおかげで大盛況!西尾パワー炸裂でした。自分自身ではほとんど何もできずにいたのに、人が動いてくれて成果が出た。大変素晴らしい。皆様に感謝ですね。

さて今から半年前のことになりますが、2017年の6月1日(木)夜11時半ごろから翌日まで2回に渡って(無料アカウントなので45分で1回切れ、入り直した。)北海道のかえるさんにゆいりちゃんと共に事務局のお仕事の説明を受けました。

外は嵐。雷鳴ってて土砂降りの大雨。

神様がこの時を歓迎してくれていたのでしょうか?

かえるさんと話した内容はあまり覚えていないのですが、覚えていたことは

とにかくお金の心配はしないで、あっ軽くやってください。

と大仙人が言っていますとかえるさんが伝えてくれたこと。

きよみんが事務局やるのをみていてかなり大変そうだなと思っていましたが、いざ引き受けるとなると色々な心理的負担を感じました。

私はかつてカリスマ先生のファンクラブをネットでやっていて、その先生がロサンゼルスにいて、日本にきてセミナーやコンサルティングをやったりするお手伝い(主にネットでの宣伝や情報発信)を名古屋からしていました。

そしてその先生が亡くなったときにはお別れ会も企画して開催しました。

一応やれましたが、人と協力してやっていくことが苦手でしたので、本当に大変でした。そしてコミニュケーション能力を学び直しながら、仲間を作り、今回はそのリベンジでもあります。だから主催者(事務局)って全く未経験でも無いわけなんですね。

 

主催者は半強制的に大仙人のイベントに参加するから、月2日のお休み(平日の金曜日と土曜日)を確保しなければならない。これはなんとか大丈夫。

サイエンススピリチュアルセミナーに関しては、スピリチュアルを勉強したいという気持ちが高まっていたのでいいとしても、神社参拝はその時はあまり興味なかったんだよね。でも長いものにはまかれろってことでこっちもやることにした。

ゆいりちゃんは今まで通り名古屋大仙ファミリーの一員としていたいということで、積極的に事務局やりたいというのではなかったけど、「私、やれません。」というような否定の言葉はなかったので、神社参拝、少しは手伝ってくれるのかな?と思っていましたが、お茶会以降はイベント参加も難しいほどに忙しく?なってしまいました。(お茶会開いてくれただけでも感謝ですが。。)

かわりにきよみんが復活&大活躍。ほんと助かってます。きよみん。ありがとう。

2月末に名古屋から霊主体従のフェイスブックグループにきよみんに入れてもらって、そのときに挨拶、友達リクエストをかねて色々な人にメッセージを送っていました。

2017年1月にきよみんたちは神社参拝ツアーで豊川稲荷に参拝しているのだけれど、そのメンバーの中の一人が、大仙人が降ろした吒枳尼真天様のショートメッセージの内容を教えてくれました。

「人は揃った。あとは楽しむだけ。」

2016年12月末に色々あって、今の職場に再就職が決まり、お正月は慣れないフルタイムの仕事と家事に追われて、全く余裕がなかった私。そんな中でもつながっていた。

「人は揃ったって私のこと??」

と大いなる勘違いをしたのかもしれませんね。

心理的な負担(重さ)より楽しそうというのが上回ったのでやることを決めました。そして今に至ります。奮闘記まだまだ続きます。。。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です