大仙人との出会い(スピレポ真理子集客奮闘記#1)

ハッピーラッキーミラクル大仙人はフェイスブックで見つけました。

大仙人をフェイスブックで見つける前の出来事。ちょっと長くなりますが、お付き合いください。

私がフェイスブックをはじめたのは約5年前ですが、当時運営しているネットショップの売上の減少とともに自信をなくし、商品の発送、販売以外の情報発信・行動をほとんどしていませんでした。得意だったパソコンもウインドウズのバージョンがあがって苦手意識が出てきてしまい、パソコンの前にいる時間が激減しました。

スーパーでパートで働き、近所で買物。図書館でスピリチュアル本を借りて読む。ユーチューブでスピリチュアルの動画を見ながら家事をする。家から車で5分のピアノ教室で週一回ピアノを習う。そんな自宅から半径1kmの不本意な生活をここ数年間送っていました。

ところが、2016年3月に石田健さんのメルマガで紹介されていたパソコン仕事5倍塾というパソコンスキルアップの高額塾にどうしても行きたくなり参加しました。塾がはじまって2ヶ月後の5月の連休ぐらいに突然ブレイクスルーがおきました。

文章が降りてくるようになったのです。

”ぱっかーん”今まで閉じていたものが大きく開いたのです。

ショートカットをマスターすることによって、パソコン作業が無意識の領域になります。指の延長上、身体の一部として扱えるようになったら、脳の領域が広がり、今まで使っていなかった部分が開放され、大いなる存在とよりダイレクトに繋がれるようになったのです。どんどんアイディアが溢れ、何でもできると思える無敵状態になりました。

私は16歳のときにタイプを習い、ブラインドタッチをマスターして小説を書いていたのですが、寝食を忘れるほどとても熱中していました。また離婚してネットショップをはじめた26歳の時も1日中パソコンの前で創作活動していたのでした。そしてそれが苦ではなかったのです。

その頃の感覚が蘇ったのでした。人を感動させる面白いメルマガが書けなくなったというのも売上不振の原因でしたので、文章が書けるようになって一気に自信を取り戻しました。パートを辞め、ネットショップV字回復のために行動をはじめました。

そんな中で久家先生というビジネスの先生ができました。久家先生が教えているのは最新のネットを利用したリストマーケティングですが、「思考は現実化する。」「思ったことは必ずできる。」潜在意識の活用、マインドセットも教えています。彼の塾に入ってすぐ、プロダクトローンチとういうネットで億を稼ぐ手法にチャレンジしました。ただあまり余裕がない中、ブランクもあっての大挑戦でしたのでプロモーションは失敗(赤字)に終わりました。

そしてイケイケ(GOGO)で躁っぽい、無敵状態からなんとも後味の悪い現実世界(これもイリュージョンですが。。)に落ちました。売上不振のネットショップと高額塾の自己投資の借金が残りました。

なんて馬鹿なことをしてしまったのだ。何もやらずに半径1kmで暮らしていれば、こんな大失敗や恥をかくことはなかったのに。借金を返すためにフルタイムの仕事に滑り込み再就職。一人だったらそこから立ち直るのは時間がかかったことだと思います。

だけど私には励ましてくれる先生がいました。

私には19歳のときに設定した複数のスモールビジネスを所有する実業家、セミナー講師、ベストセラー作家の夢があります。

自分を卑下するのをやめて、今まで雲の上の存在、憧れだったスピリチュアル作家さんやベストセラー作家、人気セミナー講師さんに怯むことなく、フェイスブックでお友達リクエストを送り、お友達になっていきました。自分をオープンにして大好きなスピリチュアルやビジネスの世界に踏み込んでいったのです。

そんなときに見つけたのが大仙人だったのです。

#2に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です