大仙人個人セッション#1(スカイプ)2017.3.8

大仙人の3時間のセミナー(お金創造のリアリティメルマガ読者事前振込1万円~お話会以外のどのセミナーでも)を受けると個人セッションの特典がついてくるのを知っていますか?(2017.10現在有効)

これってすごいことなんですよ。今すぐ大仙人のセミナー申し込んでこの特典を受ける(もらう)ことをおすすめします。

ただセミナーを受けるとアンケートが配られて、セッション希望の日時を記入しますが、その後、自分から大仙人に個人セッションを受けたいと言って予約しなければ受けれません。(大仙人は多忙のため、アンケートを見て●月●日セッションやりましょうか?と向こうから言ってくれることはまず無いです。)

私の昔のメンター(女性)は1時間半のセミナーが大体5~6千円でしたが、1時間弱の個人カウンセリングは2万円でした。他の先生でもセッション1時間1万円ぐらいはします。だから大仙人にかぎらず、モニターで数千円(あるいは無料)でセッションをやってくれる方がいたら受けてみるのもいいかとおもいます。占いだって30分2~3千円しますから。ノウハウを持っている方が、時間をあなただけために使ってくれる、それが個人セッションなのです。

私が大仙人のセミナーを初めて受けたのが2017年3月4日(土)その4日後の8日(水)の夜に1回目の個人セッションを受けました。その日は大仙人の誕生日。フェイスブックのコメント欄には沢山の人がお祝いのメッセージを書いていました。

フェイスブックはタイムラインにお誕生日メッセージを書き込みましょうみたいなのが出ますが、ビジネス目的でフェイスブックをやっている方にとっては、あまり意味のない投稿が多くなってしまうので非常に困るのです。このコメント欄にお願いしますというのは、いいアイディアだなと思い、今年の私の誕生日にはこの方法をマネさせていただきました。コメントしてもらう記事がもっと考えられたものだと尚良かったかなと思います。フェイスブックを本格的にやりだして2回めの誕生日は色々な方からコメントと個人メッセージをいただきました。コメントの方がお礼の返信コメントもれずにしやすいですね。メッセンジャーでのメッセージは後でゆっくり読んで返信と思っていたら何人かは流れてしまいました。後でさかのぼってお返事せねば。

個人セッション1回目はスカイプで受けました。大仙人は自宅(神奈川県)から。私は2月1日からZOOMカフェをやっていますので、スカイプよりもZOOMが良かったのですが、大仙人はZOOMをやったこと(参加したこと)あるけど、ホストになったことはまだなかったみたいで、初回だし、慣れているスカイブにしましょう。ということになったのでした。

大仙人に自己紹介(今までどんな人生を歩んできたか、スピリチュアル歴)を話したら、占いみたいなことをしてくれました。その時のメモ書きを元に思い出しているのですが、こんなことを言われたのを覚えています。

45歳(その時は44歳でしたが)が一番底辺(金銭的にも)で51歳のブレイクポイント(大きな成功)に向かって行く時、それが85歳まで続く。

やりたいようにやれば良い。

教える、色々移動する(移動したほうがいい)。

紫微斗数【しびとすう】(大仙人は占い師か?という程、知識がある。後日まゆみワインの会では手相を見てもらった。)

仕事はいい。太っ腹。大仙女(大仙人に対してか?)

あと大仙人の有料個人カウンセリングのメニューの説明とお金のブロック解除、コアブリーフ解除のコースを熱心に勧められました。10万~ぐらいのコースね。その頃大仙人のセミナー出ること旦那が猛反発していましたので、すぐは無理かなーと思いながら1回目のセッションは終わったのでした。

 

 

 

リンさんの笛売日記(スピレポ真理子の集客奮闘記#8)

集客奮闘記、セミナーレポート、わずか半年前のことですが、良く覚えてるなと思われる方もいらっしゃると思いますが、ノートや手帳、レジュメの紙の裏にとったメモやフェイスブックのログから情報を集め、頭の中の記憶と合わせ、再構築する作業をしています。

「記録を取れ」というのは、最初は笛職人の元夫から教わったことです。元夫は私のメンターでもあります。彼の作った作品を表参道の路上で売るというのが私のセールスのキャリアの始まり(20歳、大学3年の時)です。当然全く売れません。すぐに嫌になって泣き言を言う、バイトもほとんどしたことがないお嬢様育ちの私に、職人気質の彼は、毎日小さな工夫(改善)をすること、気づいたこと、アイディアのメモを取ること(日報を書く)を教えてくれました。路上にお店を開くと、小さなノートを出し、日時、場所、オープンした時間、天気、笛の並べ方などを書いていきます。いくらの笛、なんのキーの笛が売れたか、どんな人が通って立ち止まったか、どんなセールストークをしたかメモを取るのです。

高校生の時にMSDOSのパソコン操作を学び、結構パソコンが得意だった私は笛屋のホームページを作ることを思い立ち、1997年秋、雑誌についていたおまけのホームページ作成ソフトを使って試行錯誤しながら、笛屋のホームページを作りました。

当時横浜(港北区)に住んでおりましたが、行動出来たのは、子供が小さく、お勤めも、路上に毎日売りに出ることもできない。収入を増やす道はインターネットしかないという切羽詰まった理由があったからです。かつて私はセルフイメージが低く、元夫に働いて(笛以外で)と一度も言えませんでした。

元夫は子供が生まれて(1994年)から、笛を作らず、1日中ゲーム(プレイステーション等)をして過ごしていましたが、親にゲームを作りたいから、という理由でパソコンを買ってもらっていたのでした。で、結局作らずほったらかしになっていたパソコンですが、1997年夏ごろからインターネットをはじめました。プロバイダーのビックローブと契約、ダイヤルアップ接続。主にゲームの攻略の検索に使っていました。

最初は私のやっていることを小馬鹿にしていた元夫が、私の作ったサイトを見て「お前のページデザインはオイラの美意識が許さん。」ということになり、ホームページ作りは彼が担当することになりました。せっかくノッてきた創作活動を禁止され、じゃあ私は何をしようかな?と思ったときに、彼が好きなアイドル(広末涼子さん。小沢真珠さん。)の写真などを雑誌からスキャンしてアップして、お気に入り美女図鑑を作っているのを見て(当然著作権問題ありますが、当時はまだ緩かったのよ。)

大好きな女性実業家さん(メンター)の情報をインターネットで検索しても自分の欲しい情報が全くなかったことから、彼女のファンクラブを作ったのです。後にこれがネットショップオープンに繋がっていったのでした。

他に私は”リンさんの笛売日記”というタイトルで、メモを元に日々文章を書き始めました、お客さんとの出会い、路上商人仲間の話。ブログなどない時代でしたが、人気ページになり。3ヶ月もすると日記を読んだ人が興味を持ち、笛を売っている私に会いに来る人も現れはじめたのです。

リンさんという名前は元夫から21歳のときにもらった私のホーリーネームです。

元夫はインドの宗教家バグワンシュリラジニーシ(Osho)の弟子(見た目も真似している熱狂的なファン、サニアシン)で、私に会う前にインドのプーナというところで密教の修行をしていました。実は、OSHOが亡くなってから名前をもらって、弟子になったタイミングらしいですが。

私はOSHOの直接の弟子ではないですが、まあ孫弟子になるのかね。バグワンは弟子に命名するからそれを真似して彼は私に名前をくれたのだと思います。

正式には ma anand 臨在といいます。

ma はサンスクリット語で母なる、女性につける冠詞。anandは至福。臨在(りんざい)はここにいることという意味らしいのですが、

ー母なる、ここにいることが至福ー

道売り仲間の印鑑を売っていた中国人の陳さんは、”中国語では、臨在は”とりあえずいる”と言う意味だよー。と笑いながら教えてくれました。

anandと名付けたのは、私の頭がグルグル高速で回っている(頭でっかちなエネルギー)だかららしいです。彼が出会ったOSHOの弟子のanandのミドルネーム持つ人はそういうタイプが多いらしい。

もうおわかりですね。anand はアーナンダーananda お釈迦様の弟子。私がお釈迦様の弟子だったと前述した理由です。確認したわけではないけど(どうやって確認するかもわからん)、エネルギー状態を見て名付けられたというのはなにか縁があるのだと思います。分け御霊っていうし。アーナンダーさんの要素を持っている人は私だけでなく他にもいると思います。

そしてこの”ハッピーラッキーミラクル大仙人名古屋事務局”と”スピレポ真理子の集客奮闘記”は昔やったことをまたやっているだけじゃん。ということになります。そうです。その通り!!

私、アニメの「弱虫ペダル」(自転車競技部のスポ根アニメ)が大好きで何度もリピートして見てるけど、主人公の小野田くんのケイデンス一点突破(またそれ?それしか無い)みたいな。

昔私が作ったサイトは諸事情により今ほとんど残っていません。お見せできないのが残念ですが、過去の経験も全部エッセンス。再構築されることでしょう。

金運アップ宇宙秘宝伝授セミナーレポート(2017年3月4日)

私が受けた記念すべき、大仙人のセミナー1回目は2017年3月4日(土)名古屋栄(伏見)の宝第一ビル6F 9時半~12時半(道に迷って10分ほど遅刻)

参加者3名(私、きよみん、と後もう一人女性)

大仙人のセミナーは前半部分が理論、後半部分がワーク(実践)となっています。ホワイトボードにレジュメを書き、大仙人がアナウンスするタイトルコールから始まります。「金運アップ宇宙秘宝伝授セミナー、2017年3月4日名古屋 イェーイ!!」

私はセミナーってライブとおんなじだと思うんです。オーディエンスが盛り上げてアーチストを助けるみたいな。

でも人数少ないとあんまり盛り上がらないんだよね。あと私、旦那さんの反対を押し切った手前、大仙人が本物かどうか見極めなきゃみたいなのがあったので、初回このセミナー(ライブ)を何も考えずに楽しんじゃうぞという基本姿勢を忘れていたかなと思います。

冒頭、大仙人は2/27に国際霊主体従会を創設、スピリチュアルを教える(広める)大使(アンバサダー)を養成すると言ってました。あと2年後、日本の年号が変わるらしい(どこ情報??)、今は幕末に近い感じとも(これからスピリチュアルが主になる)言っていました。これはなんとなく分かる。

長年スピ本を読んでいる私にとって、今回のセミナー初めて聞いた(価値観がひっくり返った、まるごと変わってしまった)と言う話はありませんでした。でもこれだけ難しい用語がふんだんに入ったセミナーというのは初めて。知っている知識をフル活用してなんとかついていきました。ホワイトボードグリグリ書くし(聞いていたけど)早口でノート取るの大変。

講義がはじまって、私は大木ゆきのさんの赤い表紙の宇宙におまかせ手帳(2017年限定。めっちゃお気に入り)の3月のフリースペースのところからボールペンでメモをとっていたのだけれど、足りなくてその前の2月の週間スケジュールのところまで使って書いていた。

天河弁財天さんの入神、自動入金システムも結構面白かった。

お金のダメダメの4つのうち貯蓄目的の貯蓄というのが、よくぞ言ってくれましたという感じ。なんかお金使うことがいけないみたいなそういう教育ってあるよね。あと貯金が沢山あるからエライみたいな。

あと過度な節約も納得。経験ある。人生がつまらなく、変なところで出費がかさむ。

セミナーの内容はめちゃ盛りだくさんでまとまっていて良かったと思いますが、大仙人のパフォーマンスはちょっと硬かった(それはオーディエンスのせいかもしれないけど)。

本物かどうか、スピリチュアルのメンターにしていいかよくわからないからもう一度受けてみるか。

セミナーの最後に次回のセミナーと参拝ツアーのの日時と懇親会(リッチアンドウェルシー会)の案内があり、だいたい仕事のシフトの休みの希望の締めが5日ぐらいだから明日出勤のときに申請すれば間に合う。4月8日(土)は休みを入れて、来月もセミナー出れるなそんなことを考えながら

帰り栄方面に向かって歩いていたら味噌煮込みうどんの名店が、一人名古屋ランチとなったのでした。味噌煮込みうどん。私の大好物なんです。

 

 

 

 

 

きよみんとの出会い(スピレポ真理子の集客奮闘記#7)

大仙人とフェイスブックで友達になったのが2月12日。

それから3月4日の金運アップ宇宙秘宝伝授セミナー申し込んで、大仙人のフェイスブックページで名古屋のセミナーの写真かなんかを見て、「あー。名古屋セミナーの常連さんなのかな。」ときよみんにお友達リクエストを私から2月24日に送っています。初メッセージが3月4日に大仙人に会いに行きます。

多忙な大仙人からきよみんにセミナー申込者の連絡はすぐになかったんだと思う。きよみんからご丁寧に3コマあるうちどのセミナーに申込んだのか聞かれ、振込先やセミナー会場のホームページの紹介など、いたせりつくせり。

私はこの辺はきよみんにはかなわないな。だってセミナーの申込方法や振込先、セミナーの会場、ネットで自分で調べれるし、申込完了してから連絡してるから既に振込済みだし。今まで沢山のセミナーに参加して、ずっとそうしてきたから。疑問点があったらすぐに自分で聞くし。なんでそんなわかりきったことを連絡してくるのか。でもそうじゃない人もいるんだよね。

当時のセミナー会場(宝第一ビル)は初めて行く場所で、わかりにくいところにありました。実は前日も名古屋に来たのだけど、それは会社の研修だったから遅刻厳禁。早く行くために新幹線使ってなんとか大丈夫だったけど。

方向音痴の私は初めての場所は、時間に余裕を持ってったほうがいいのだけれど、ちょうどいい電車がなかったので、予想到着時間、開始時間ギリギリの電車を選択。大仙人に会うことに緊張しているのか(引きが強いので久々のアタリかもしれない)、なぜか地下鉄も降りたい駅の手前で降りてしまってもう一度乗り直し(数分のロス)、そして案の定迷いました。

2月に分割で買ったばかりのi-phoneSE(その頃はまだガラケーとの2台持ちで電話契約なしでポケットwifiで接続して使ってました)の地図アプリを使って、近くまで来てるはずなんだけど、どうしてたどり着けないのかな?と思っていたら(変わりたいけど変わりたくない。時々何か見えない力が邪魔していることがあります。)

突然電話契約のないi-phoneが鳴り出しました。きよみんがメッセンジャーの電話機能を使って電話をしてきたのです。「げ。これどうすりゃいいの。」と思わぬ事態に出ることが出来ず、電話は切れてしまいます。そしたら大仙人からメッセージがあり、事務局が迎えに行きますということできよみんが探しに来てくれて無事たどり着けたのでした。

今まで色々なセミナーに参加しましたが、道に迷って、遅れますと自分の方から連絡したり、会場に行くのにどうしらいいか聞くのではなく、主催者の方から連絡があったのは、ほぼ初めてのことで、なんだろうこれ、今までと違うパターンだなと思ったのです。

きよみんの第一印象はなんか、ニコニコしている人だな(私もですが。。)見た感じ、多分私より10歳は年上。でも何処かで会った懐かしい印象。

だから見たことあるけど、何処かであった?(前世かもしれないけど)って途中休憩の時きよみんに言った記憶がある。

道幸さんのセミナーかな。ときよみん。

道幸さんは、ベストセラー”加速成功”(漫画にもなってる)の著者で、ビジネスマン。実業家。北海道出身、最近”ゆほびか”という雑誌に神道系の記事を書いたりしているけど、スピ系のセミナーやってることをこのときに初めて知りました。

道幸さんは知ってるけどセミナー出たこと無い。私道幸さんと同じ年(1972年生まれ)なんだよ。といったら、道幸さんのセミナーはお高いから。大仙人のセミナーは本当に内容が充実していてすごくオトクなんだよ。というのようなことを聞いた。

その頃大仙人ときよみんの関係はちょっとギクシャクしていた。大仙人はきよみんに対してとっても偉そうだったし、なんか変な雰囲気だった。

そして会場全体に漂うなんだか暗い空気。一緒にセミナー受講した関西方面から参加した女性がいましたが、帰りに話しかけても、表情が暗くて、会話が弾まない。(お名前は覚えていないのですが、顔はなんとなく覚えているので今度あった時お話しましょうね。)なにか事情があったのかもしれないけど、セミナー参加してお友達作ろうとは考えてないみたいでした。

きよみんかなり緊張していたみたい。集合写真取るの忘れてるし。大仙人は自分の本も持ってくるのを忘れたので次回ってことでした。

一番前の真ん中。特等席に座った私。赤いダウンジャケット(ラコステの)が写ってる。

根拠のない自信(スピレポ真理子集客奮闘記#6)

#5の続きから 大仙人の事務局が(名古屋と北海道の他に)あるに違いないと思い込み(F1)、その結果、私はフェイスブックでトンチンカンな行動(F3)をとってしまったわけです。そして8月の伊勢神宮正式参拝バスツアーに参加した時も隠れ事務局がいるのでは?と密かにフェイスブックでよく見かけ、お友達になっていた人に声をかけ、各地のセミナー会場の様子をリサーチしておりました(笑)。ここまで私が思い込んでしまったのは大仙人が超人的過密スケジュールをこなしているという他にもありました。

8月熱中症になり、2週連続のイベントをこなすだけで精一杯の私。9月に入ってこのワードプレスのサイトを作り、すぐ開催された名古屋セミナー。実は2コマメ受講者ゼロでした。超能力初級のセミナー、私は6月に既に受けたことがあるので、セミナーはとりやめ。その時間を利用して個人セッションと集客の作戦会議をしようということになりました。

この頃になると私もだいぶ周りが見えてきて、ほとんどの地域が少人数での開催(3ヶ月に1度の北海道と九州をのぞく)、メルマガで告知してあったけど、フェイスブックで参加者の写真がないのもあって(恐らく受講生を集められず中止になった)そういことも結構あるのねとわかり、主催者として受講生を集められなかった罪悪感はあまりない状態だったのですが、

(フツーは主催者やってて人を集められなかったら先生申し訳ありません。。という感じになるよねー。私も実際昨年大仙人じゃない他の先生のセミナー主催した時そうだったし。でもそんなことやっていたら身が持たん。)

いい機会なので、大仙人本人にどうやって(どういうシステムで)運営しているのか?という疑問を直接聞いて、ふんふん。なるほど。とやっと思い込みから開放されました。

時々大仙人がリッチアンドウェルシー会(懇親会)で、若い頃から彼女が途切れたことがない自慢をするのですが、分かるような気もしてきました。それは大仙人にある「根拠のない自信」です。これを持っている人は女性にめちゃモテます。私も弱いです。

事務局になる前、3月、4月と伏見の宝第一ビルに大仙人の金運アップとノンデュアリティーのセミナーを受けに行きましたが、実は高尾家、家庭内で一悶着ありました。

セミナーに参加する前、私が大仙人のことをリサーチする過程で、ユーチューブを見ていたら今の旦那さんにもの凄く怒られました。「こんなのはインチキだ!!真理子は騙されている。」神様降臨とか、祝詞とかアチューメント、彼には受け入れられなかったみたい。

まあそれでも、人が反対したから自分のしたいことをあきらめるではしこりが残るので、自分の目で本物かどうか、確かめたいから、諦めて飽きるまでやらせて欲しいと旦那さんにお願いして、高額セミナーではなく(高額セミナーはパソコン、ビジネス塾で連続投資。まだ支払い中)、セミナー単独受講ならということで理解してもらったのでした。

2002年に私の人生に大きな影響を与えた女性(メンター)が亡くなってしまって、それ以降、色々な方のセミナーに行きました。そんな中で一番ハマったのが、2011年に出会ったスピリチュアル作家さんのペガサスさんのセミナー。でも旦那さんから猛烈反対。宇宙語が受け入れられなかったのです。(初期の頃宇宙語講座やってました。)実はもうちょっとペガサスさんの追っかけしたかったのですが、当時ネットショップはほとんど利益の出ていない趣味のお店で、月収数万円のパート主婦(それもお店の維持につぎ込んだ)の身分。経済的なことで旦那さんに遠慮して、半径1kmの生活に戻ることになりました。

なんか言われると負い目を感じて、自分のやりたいことを遠慮して引いちゃうパターン。そういうの昔からあって私まだ持ってますね。だから大仙人のセミナーに出てみたいと今の旦那さんに言えたのは、ビジネスの失敗から立ち直り、だいぶセルフイメージが上がってきていたのかなと思います。

事務局を引き受ける前に、私の旦那さんがセミナーに出ることすらもの凄く反対しているけど。と大仙人に告げると、「結果が出れば何にも言わなくなるよ。だってこれからすごーくなるから。」(これが根拠のない自信そのもの)というので、

そうかな~と。(半信半疑ですが、うまくいかないという根拠もない)

それはこれからのお楽しみですね。大仙人のブレない信念は素晴らしい。だってそういうことをセミナーで教えてるからね。

 

 

 

事務局?主催者?(スピレポ真理子集客奮闘記#5)

あれだけの講演&神社参拝スケジュールを手伝ってくれる人(秘書、弟子のような人)なしにこなせるはずがない。私のコアブリーフ(思い込み、刷り込み)は結構根深くて、つい先日、本人(大仙人)に直接色々確認するまで、納得がいきませんでした。

かえるさん(北海道の大仙人の神社参拝とセミナーを2月から(これを書いた時点では昨年10月と思っていましたが、訂正いただきびっくり。。)お手伝いをしている方で、私が名古屋事務局になる前に、彼女からどんなことをやるのか説明を受けました)にZOOMで聞いていたと思うのですが、聴き逃してしまったのかもしれない。他にも絶対集客や運営を手伝っている各地域の人が何人かはいるはずだ!!

その人達はどんなふうにやっていっているのだろう。と思って、最初大仙人の幾つかのフェイスブックグループで名古屋事務局就任の挨拶とともに「色々教えてください!!」と呼びかけるも、なんか変な雰囲気。

「え。私聞いてはいけないこと、聞いちゃったのかな??」

大仙人の写真やセミナーにしょっちゅう出ていたり、記事をシェアしたり、している人が事務局(主催者さん)なんだろうと思って、セミナー主催者さんですか?とメッセージをコメントしたら、なぜだかわからないけどかえるさんに怒られる(笑)

「彼女は神社参拝の事務局」!!(神社参拝の事務局って何???聞いたら余計おこられそう。。)

かえるさんは事務局っていう言葉も好きじゃないらしい。主催者のほうがいいのか??

普通主催者ってさ。先生の講演会出て、すごく感動して先生が大好きになって、「私の地域でも講演やってください」みたいになって、じゃあ私が主催します。先生、日時、会場はこれでいいですか??というパターンだと思っていたのですが、大仙人スタイルはちょっと違うらしい。

えー。どうすりゃいいのよ。これから。

私は名古屋事務局なくなっちゃったら、名古屋でセミナー受けれなくなるかも。(私を含め、今受けている人が困る)と思ったんだよね。それが引き受けた理由の一つでもあるけど。

多分、大仙人は一人でも全国セミナー開催できる。事務局いなくなっても名古屋セミナーは開催される。

けど引き受けて良かったなーと思うことがある。きよみんとその前の主催者さんの努力を無にしなくてすんだから。

天下取りの大仙人名古屋セミナー。3代目の私は家康(あるいは家光)のポジション。もしかしたら、創業者の苦労知らずの美味しいところ取りなのかもしれない。私は名古屋じゃなくて埼玉出身だから、名古屋の人からしたらよそ者。

急に出てきてしゃしゃり出て、あまり良く思っていない人(ジェラシーか??)もあるのも事実。

2代目きよみんは秀吉ではなくて伊達政宗(東北出身だから)かな。開拓者。

そんなことを思う今日このごろ。ちょっと前にかえるさんにZOOMでフェイスブックのイベントページの複製のやり方を伝授したら(※私はZOOMでパソコン操作教えてます。1時間2,000円です。年内モニター価格。)かえるさんどんどんイベントページを作れるようになっちゃって、今は北海道地域を超えて大仙人の秘書みたいになっちゃった。

名古屋事務局が一番歴史があって、独自に開拓してきたんだなと分かって、なんか身の引き締まる思いです。これから大仙人、宇宙拡大路線 あっ軽くいきますよ。

長居和尚(スピレポ真理子集客奮闘記#4)

#3の続きから。たからこさんがおすすめしてくれた、シータ・コマンドの本、読んでみたらめっちゃテンション上がって(こういう願望実現のノウハウ大好き)大仙人に教えてもらったことも思い出しながらやってみることにしました。

そしてお風呂タイムがシータ・コマンドタイムになりました。シーター波は私と相性が良いみたい。リライト(金山の会場)に20人ぐらいの受講者をイメージしながら「名古屋セミナー集客成功しました。ありがとうございます。」

すぐ出来ないことにフォーカスしていたネガティブが消えて、ワードプレスで別サイトをつくるアイディアが浮かんだのです。(その前まで今までやっていたネットショップのページに一部大仙人の紹介載せてたけどね)

超能力上級編で教えてもらったシーター波コマンド大仙人のオリジナルアレンジは”なぜだかわからないけどそうなる”という長居和尚テイストも入っていました。

実は超能力上級編で教えてもらった、もうひとつの神様降臨は、セミナー終わってから何回か練習したんだよね。あまりにたからこさんが上手だったから置いてかれるような気がしたし、アバンダンシア様降臨したかったから。

アバンダンシア様は長居和尚のユーチューブの動画(面白いのでおすすめ)で豊かさの豊穣の神とういことで、お金、豊かさをお願いするには美しさをたたえてくださいというメッセージが印象的でした。

長居和尚という愛知県豊田市在住のスピリチュアル講演家&守護神鑑定をされる方がいるのですが、大仙人名古屋ファミリーはほとんどがこの長居和尚経由(コラボセミナーをやっている)で大仙人と出会ったのです。

私のように逆パターン(リッチアンドウェルシーのHPに書いてあるスピ界の巨匠 長居和尚って誰??)と興味を持ったのは稀有なケース。

長居和尚のまぐまぐメルマガも面白くて、最近もセミナー名古屋でやって大仙人ファミリーが沢山参加したみたいだけど、私は事務局引き継ぎで一杯一杯で見送り。長居和尚、小林正観さんのテイストが結構はいってるなーと思います。脱力系です。大仙人とは一緒にダウジング(と聞いたと記憶しているが、間違っていたらごめんなさい)を習った学び友達らしい。

そうそう。この大仙人の事務局システムも長居和尚が採用しているのを導入したそうな。で。事務局って全国に幾つかあるんだろうな?名古屋事務局引き受けたときは私そう思い込んでいました。だって日本全国飛び回っている大仙人のスケジュール、サポートしてくれる人がいなければ出来ないと思っていたから。

シータ・コマンド(スピレポ真理子集客奮闘記#3)

#2でたからこさんの話しからそれてしまったので戻りますね。

マユミワインの夜のリッチアンドウェルシー会かなりの待ち時間がありました。

私は持っていたドクタードルフィン先生のピンクの本”高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密”を見せて、アマゾンで注文して人気で届くまでめっちゃ時間がかかったこと、森田健さんのフシ友※会員であることなど話しをしたのですが、その場のメンバーみんなフシ友会員でした。※不思議の友

こんな濃ゆいスピ系の話しができるのも大仙人ファミリーの良いところですよ。

その後、たからこさんとは6月の2コマメセミナー超能力初級コースでご一緒だったのですが、7月の中級はスケジュールが会わずふたりともパス(私は7月は既に名古屋セミナー主催者でしたが、その前に入れていた予定があったので7月セミナーは1コマメのみの参加でした。)

8月に中級を飛ばして超能力上級コースの受講となりました。

超能力上級コースの後半のワークはシータ波コマンドと神様ご降臨とご入信ワークというなんともアヤシイ内容なのですが、

たからこさん。神様ご降臨とご入信 めっちゃ上手!!明らかに初心者ではない。ベテランの巫女さんみたい。本当に神様が降りてきた感じで、体がぞくぞくするほど感じました。この人すごい。前世(今世?)で絶対修行している。

(後にたからこさんからお釈迦様の弟子だったとききますが、実は私もお釈迦様の弟子だったらしいのです。。って半分口からでまかせですが。その所以(理由)は後日。あと大仙人もお釈迦様の弟子だったらしい。)

シータ波コマンドは大仙人アレンジで、色々な人のエッセンスを入れてやりやすくなっていたみたいなのですが、よくわからないけどこんなもんかなという感じでした。3時間☓3コマのセミナーをみっちりうけたら情報量多すぎて消化出来ずに本当に大変。

特に今年の8月は私、熱中症になって1日寝込んだこともあり、体調最悪でした。前日の神社参拝(大神神社、多度大社)も写真見てもヘロヘロ。そしてその後2週大仙人連続イベント(次の週は伊勢神宮正式参拝と喫茶店ぷらなでのおはなし会)に突入するのでした。

そんなこんなで8月のセミナー、イベントは終わったのですが、9月8日の夜にたからこさんからLINEでメッセージがきました。


前回の上級でシータ、コマンドを身につけられなかったので

アサラ、ラブジョイの
シータ、コマンドを中古で購入しました。

30ページ読んだだけで、本好きの高尾さんにお知らせしようと思いました🎶

アマゾンで見てください。
おすすめでーす🎵


その頃集客がうまく行かずに、なんかフェイスブックのイベントページをつくるのでさえめんどくさくなって、あっ軽くではなくて義務感や責任感のほうが大きくなって苦しくなっている時でした。はっきり言って本を読む気にはなれなかったのですが、

ちょっと待て。シータ波といえば、私、自営業を19年やっていますが、その半分はお勤めとの兼業なんですね。(今もですけど)

だけどプライドが高くて突っ張っている部分があって、昔お勤めしても続かなくて(経営者と喧嘩したり)苦労して、それでもお金欲しいし、どうしようってなって、お勤めの苦手意識を数年前、このはさんという豊川市内の主婦ヒーラーさんに、”シータヒーリング”をしてもらって解決したことを思い出しました。(1回だけでめっちゃ効いて同じ職場最高で4年3ヶ月続きました。)

シーターコマンド。気を取り直して、読んでみるか。セミナー受けたらフツーそれで終わりの人が多い中、たからこさんは貪欲だなーと本当に尊敬しております。あとで聞いたら本人曰く、長年シーターコマンドを身に着けたかったそうですが。本はアマゾンで中古で500円ぐらいでした。

#4に続く

マユミワイン(スピレポ真理子集客奮闘記#2)

#1からだいぶ間があいてしまいました、色々なことがありました。順を追って話すというのがめんどくさくなってきましたので、時間の流れを無視して前後しながら続けていきたいとおもいます。

このサイト(ワードプレスでのハッピーラッキーミラクル大仙人名古屋事務局)が出来たのは、大仙人名古屋セミナー、神社参拝参加者、勉強仲間の財部豊子さん(たからこさん)のおかげでもあります。

たからこさんと初めて会ったのはまだ事務局を引き受ける前の2017年5月11日(木)宇宙的にはウエサク祭の日であり、私がネットショップ本店サイトを閉店した翌日のタイミングでした。

大仙人のセミナーはその前の3月に金運アップ、4月にノンデュアリティーを名古屋伏見の宝第一ビルで受けましたが、金運アップは3人、私ともう一人の女性(大阪のほうから参加)と主催者のきよみん。ノンデュアリティーは2人、私ときよみん(主催者)という参加人数でした。

大仙人の教える内容(めっちゃ凝縮、充実)に比べてこの受講者の少なさ。

大丈夫なんかい。って思うようね。

特に主催者に対して心配してしまった私。というのも半年前、異性間コミニュケーションの婚活スペシャリスト佐藤律子さんのセミナーを主催して集客大失敗して金銭的にも痛い思いを経験してるからね。

きよみんの必死さ(なんとなくただならぬものを感じた)には申し訳ないですが、大仙人をスピリチュアルのメンターにしようかまだ見極めている最中で、5月のセミナーの日程を知ったのが直前で仕事の休みがそれからだと取れにくい感じだったので、内容もアンチエイジングだし(大仙人も、きよみんもはっきり言って見た目若くない!)でパスさせてもらおうかなーと思っていたのでした。

そしたらフェイスブックで名古屋のお蕎麦屋さんで大仙人のおはなし会、ブロック外し自由自在セミナーというイベントを開催されることを知り、面白そうと思ったのでした。

お蕎麦屋さんのおはなし会のお話はまた後日にさせていただくことにして、おはなし会が終わった後にさらに夜の食事会リッチアンドウェルシー会があって、電車に乗って名古屋にワインセラーを持っている”マユミ”さんの隠れ家的な場所に連れて行かれました。

 

ワインを飲む会みたいで、マユミさんのお店のスタッフさん?が美味しそうなおつまみを作ってくれるのだけどなかなかはじまらない。。

そこで待っている間にたからこさんと大仙人の弟子で見た目めっちゃインパクトがある生玉さん(理系なので大仙人はドクと呼んでいる)、後日きよみんとの橋渡しとなってくれたゆいりちゃんと話して仲良くなれたのでした。

#3に続く

大仙人との出会い(スピレポ真理子集客奮闘記#1)

ハッピーラッキーミラクル大仙人はフェイスブックで見つけました。

大仙人をフェイスブックで見つける前の出来事。ちょっと長くなりますが、お付き合いください。

私がフェイスブックをはじめたのは約5年前ですが、当時運営しているネットショップの売上の減少とともに自信をなくし、商品の発送、販売以外の情報発信・行動をほとんどしていませんでした。得意だったパソコンもウインドウズのバージョンがあがって苦手意識が出てきてしまい、パソコンの前にいる時間が激減しました。

スーパーでパートで働き、近所で買物。図書館でスピリチュアル本を借りて読む。ユーチューブでスピリチュアルの動画を見ながら家事をする。家から車で5分のピアノ教室で週一回ピアノを習う。そんな自宅から半径1kmの不本意な生活をここ数年間送っていました。

ところが、2016年3月に石田健さんのメルマガで紹介されていたパソコン仕事5倍塾というパソコンスキルアップの高額塾にどうしても行きたくなり参加しました。塾がはじまって2ヶ月後の5月の連休ぐらいに突然ブレイクスルーがおきました。

文章が降りてくるようになったのです。

”ぱっかーん”今まで閉じていたものが大きく開いたのです。

ショートカットをマスターすることによって、パソコン作業が無意識の領域になります。指の延長上、身体の一部として扱えるようになったら、脳の領域が広がり、今まで使っていなかった部分が開放され、大いなる存在とよりダイレクトに繋がれるようになったのです。どんどんアイディアが溢れ、何でもできると思える無敵状態になりました。

私は16歳のときにタイプを習い、ブラインドタッチをマスターして小説を書いていたのですが、寝食を忘れるほどとても熱中していました。また離婚してネットショップをはじめた26歳の時も1日中パソコンの前で創作活動していたのでした。そしてそれが苦ではなかったのです。

その頃の感覚が蘇ったのでした。人を感動させる面白いメルマガが書けなくなったというのも売上不振の原因でしたので、文章が書けるようになって一気に自信を取り戻しました。パートを辞め、ネットショップV字回復のために行動をはじめました。

そんな中で久家先生というビジネスの先生ができました。久家先生が教えているのは最新のネットを利用したリストマーケティングですが、「思考は現実化する。」「思ったことは必ずできる。」潜在意識の活用、マインドセットも教えています。彼の塾に入ってすぐ、プロダクトローンチとういうネットで億を稼ぐ手法にチャレンジしました。ただあまり余裕がない中、ブランクもあっての大挑戦でしたのでプロモーションは失敗(赤字)に終わりました。

そしてイケイケ(GOGO)で躁っぽい、無敵状態からなんとも後味の悪い現実世界(これもイリュージョンですが。。)に落ちました。売上不振のネットショップと高額塾の自己投資の借金が残りました。

なんて馬鹿なことをしてしまったのだ。何もやらずに半径1kmで暮らしていれば、こんな大失敗や恥をかくことはなかったのに。借金を返すためにフルタイムの仕事に滑り込み再就職。一人だったらそこから立ち直るのは時間がかかったことだと思います。

だけど私には励ましてくれる先生がいました。

私には19歳のときに設定した複数のスモールビジネスを所有する実業家、セミナー講師、ベストセラー作家の夢があります。

自分を卑下するのをやめて、今まで雲の上の存在、憧れだったスピリチュアル作家さんやベストセラー作家、人気セミナー講師さんに怯むことなく、フェイスブックでお友達リクエストを送り、お友達になっていきました。自分をオープンにして大好きなスピリチュアルやビジネスの世界に踏み込んでいったのです。

そんなときに見つけたのが大仙人だったのです。

#2に続く