名古屋ファミリーお茶会(スピレポ真理子集客奮闘記#13)

記念すべきスピレポ真理子集客奮闘記第13回になります。13はミナコ先生も私も大好きな数字です。(ミナコ先生は大仙人に会う前の私のメンターで2002年1月に亡くなってしまったのですが、私が今、サイエンススピリチュアルを学んでいるのもミナコ先生の影響大なのでこれからも登場するかとおもいます。)

大仙人の名古屋セミナーでよく出てくる金山タワーは13階が最上階。

最近大仙人が行ったドバイのホテルは39階(13の倍数)からのフェイスブックセミナーは3回ありましたがご覧になりましたか?大仙人の動画を見ているとソワソワ・ゾクゾクして私もまた番組を作ってアップしたいな!という気持ちになりました。ZOOMで色々な人と交流してエネルギーをアップしたいなと思うのです。

半年前、6月1日、真夜中のZOOM会議で事務局を引き受け、6月の神社参拝は23日(金)、24日(土)だったから、すぐに申請して休みはなんとか取れたけど、大仙人の事務局やるなんて思ってなかったから全く余裕ナッシング。

ゆいりちゃんから大仙人ファミリーのお茶会やるからと言われても正直

「名古屋に月に3回も行くの無理~!!」

(豊川からは名古屋市内まで電車で1時間以上かかりますし、交通費片道1000円以上かかります。3回行くと交通費だけで6000円以上の出費)

最初「私はいいから私以外の人たちで楽しくやってくれ~。」という感じでしたが、ゆいりちゃんから熱心に誘われ、でもやっぱり一人じゃ事務局できないから、協力&助けをお願いしにいかなくっちゃという気持ちになり、6月の土日の中で、17日(土)が奇跡的にお休みだったので、17日なら出れるよと伝えたら、ゆいりちゃんが頑張ってセッティングしてくれました。

ゆいりちゃんが予約してくれたおしゃれな喫茶店は名古屋駅前。土曜日の11時なんてめちゃめちゃ混んでました。

顔出し不可のIちゃんは、来た早々「大仙人来ないの?」と不満顔。そうだよね~。大仙人来ないのになんかメリットがあるの?って思うよね。この会。

きよみんとは最初別のテーブルに座り(お互い意識して様子を見て近づけなかった)、5月11日のお蕎麦屋さんのセミナー&マユミワインの会で面識のあったゆいりちゃんとたからこさんと一緒のテーブルへ。

↑(髪の毛が膨らんでる??真ん中にいるのが私(スピレポ真理子)向かって右がゆいりちゃん。左がたからこさん。)

でも途中から、勇気を出して私の方からきよみんにアプローチ。事務局の引き継ぎがようやく出来ました。

ゆいりちゃん主催の第一回大仙人ファミリーお茶会の参加者は全部で6人。いつも神社参拝で車を出してくれる。ファイヤーマン武仲さんと初めての出会い。

6月から名古屋のセミナー会場が変わって、金山のリライトというところでやることになったのだけど、この会場はきよみんが見つけてきたそう。借りるのに代表者の登録(登録料が3000円かかる)が必要になるということで、その日やっときよみんから聞き出せた7月~9月の大仙人のセミナーの日程。

7月のセミナーの日程のリライトは他の人が既に予約済み(一室しかないので早い者勝ち)私が事務局引き受けた時点では間に合わなかったので他の会場を探すことになりました。その後色々候補はあったのですが、5月まで使っていた宝第一ビルの会場を7月おさえることができました。

今では何ヶ月か先までスケジュールを聞いてあらかじめ同じ会場を予約して(支払いは大仙人が先払い)、かなり楽になった会場予約ですが、次の会場はどうしようとハラハラするのは7月のセミナーで最後にしたいと思いました。

最初の喫茶店でやたら写真を撮っていたきよみんとゆいりちゃん。

駅前の喫茶店は行列ができるほど混雑してきました。「予約時間がすぎてます。次の予約のお客様がお待ちです。」と喫茶店の店員さんがイラッとした波動の声で注意しに来ました。

2次会は空いてそうな名古屋の地下街で何か食べようということになって(夕飯には少し早いですがお腹が空いた)お蕎麦屋さんに入りました。

お腹が満たされてだいぶ緊張もほぐれた私達。なんだかんだいっても、セミナー開始前にこういう機会を作ってくれたゆいりちゃんには本当に感謝です。

お茶会終了後、リライトの下見に行こうかなということでゆいりちゃんと一緒に金山まで行こうと電車に乗ったのですが、

ゆいりちゃんが、なんだか体の調子が悪くなってしまったみたいで。飲み物を買っていた時点で気がついてあげれればよかったのですが、突然電車(JR)の中でトイレのある車両に向かって走り出してしまったゆいりちゃん。

あとでショートメッセージが来て、一緒にいけなくなり、一人で行くことになりました。

リライトのホームページの行き方を見ながら歩いたのですが、最初の目印の看板が全然違ったー。(その時は真っ白な看板でした。)

今では慣れて5分で行ける名古屋のセミナー会場ですが、初めて下見に行った時は金山駅から9分かかりました。(信号の待ち時間を含めて)

ってなわけで無事大仙人名古屋ファミリーのお茶会が終了いたしました。

真夜中のZOOM会議その2(スピレポ真理子の集客奮闘記#12)

久しぶりの奮闘記更新となります。時々筆を絶ち、半引きこもり状態になる私。やる気が起きなくてなんとなく過ごす日々。言い換えればエネルギーチャージしていました。

でも直近2017年11月のセミナー&神社参拝は、井土さん達のおかげで大盛況!西尾パワー炸裂でした。自分自身ではほとんど何もできずにいたのに、人が動いてくれて成果が出た。大変素晴らしい。皆様に感謝ですね。

さて今から半年前のことになりますが、2017年の6月1日(木)夜11時半ごろから翌日まで2回に渡って(無料アカウントなので45分で1回切れ、入り直した。)北海道のかえるさんにゆいりちゃんと共に事務局のお仕事の説明を受けました。

外は嵐。雷鳴ってて土砂降りの大雨。

神様がこの時を歓迎してくれていたのでしょうか?

かえるさんと話した内容はあまり覚えていないのですが、覚えていたことは

とにかくお金の心配はしないで、あっ軽くやってください。

と大仙人が言っていますとかえるさんが伝えてくれたこと。

きよみんが事務局やるのをみていてかなり大変そうだなと思っていましたが、いざ引き受けるとなると色々な心理的負担を感じました。

私はかつてカリスマ先生のファンクラブをネットでやっていて、その先生がロサンゼルスにいて、日本にきてセミナーやコンサルティングをやったりするお手伝い(主にネットでの宣伝や情報発信)を名古屋からしていました。

そしてその先生が亡くなったときにはお別れ会も企画して開催しました。

一応やれましたが、人と協力してやっていくことが苦手でしたので、本当に大変でした。そしてコミニュケーション能力を学び直しながら、仲間を作り、今回はそのリベンジでもあります。だから主催者(事務局)って全く未経験でも無いわけなんですね。

 

主催者は半強制的に大仙人のイベントに参加するから、月2日のお休み(平日の金曜日と土曜日)を確保しなければならない。これはなんとか大丈夫。

サイエンススピリチュアルセミナーに関しては、スピリチュアルを勉強したいという気持ちが高まっていたのでいいとしても、神社参拝はその時はあまり興味なかったんだよね。でも長いものにはまかれろってことでこっちもやることにした。

ゆいりちゃんは今まで通り名古屋大仙ファミリーの一員としていたいということで、積極的に事務局やりたいというのではなかったけど、「私、やれません。」というような否定の言葉はなかったので、神社参拝、少しは手伝ってくれるのかな?と思っていましたが、お茶会以降はイベント参加も難しいほどに忙しく?なってしまいました。(お茶会開いてくれただけでも感謝ですが。。)

かわりにきよみんが復活&大活躍。ほんと助かってます。きよみん。ありがとう。

2月末に名古屋から霊主体従のフェイスブックグループにきよみんに入れてもらって、そのときに挨拶、友達リクエストをかねて色々な人にメッセージを送っていました。

2017年1月にきよみんたちは神社参拝ツアーで豊川稲荷に参拝しているのだけれど、そのメンバーの中の一人が、大仙人が降ろした吒枳尼真天様のショートメッセージの内容を教えてくれました。

「人は揃った。あとは楽しむだけ。」

2016年12月末に色々あって、今の職場に再就職が決まり、お正月は慣れないフルタイムの仕事と家事に追われて、全く余裕がなかった私。そんな中でもつながっていた。

「人は揃ったって私のこと??」

と大いなる勘違いをしたのかもしれませんね。

心理的な負担(重さ)より楽しそうというのが上回ったのでやることを決めました。そして今に至ります。奮闘記まだまだ続きます。。。

 

 

 

 

 

大仙人メタトロン名古屋初上陸レポート(2017.10.28リライトにて)

27日の神社参拝ツアーではメタトロンやれなかったので

28日のセミナー休憩中にメタトロン初お披露目 お試し20分で5,000円という価格に大仙人名古屋メンバーは興味深々。事前の申込はなかったものの誰か体験するのではと思っていまいした。

1コマメのノンデュアリティーの前半後半の休憩時間に

①てんこさん、②みきさんが体験。

てんこさんの体は超綺麗。2と3ばかりで、5番ほとんどなし。「健康優良児だね。」と大仙人。

みきさん。はいくつか悪いところがあって、少し時間がかかる。大仙人のアドバイスを受ける。

1コマメが終わって、2コマメ超能力中級を受けるため、たからこさんが来る。

「たからこさん。メタトロン受けます?」と聞いたら悪いところがアリすぎて、恥ずかしいわ。

というので、セミナー主催者であるが、さっきてんこさんとみきさんのを見ていた私(③スピレポ真理子)が体験。

てんこさんと同じぐらい健康のつもりであったが、全然及ばない。全身スキャンで結構悪いところいっぱいあった。そしてなんといっても背中。1番。白いのがいっぱいついていてすごかった。憑依体質なんだって。今までメタトロン受けた大仙人メンバーの中で一番多いとのこと。あまりうれしくない一番であった。

右側だから男だね。と大仙人。恋多き若い時、色々あった男達かな。私、背中が弱いのですが、色々憑いていたのね。ちょっと怖かったけど、とってもらってスッキリでした。

それを見ていたたからこさんが、私もー。ということで④たからこさんメタトロン体験。大仙人にフルセラピーを勧められていました。

その後超能力中級のセミナーがあって

講義の途中i-phoneに、ゆいりちゃんから夕方メタトロンだけ受けれますか?のメッセージが。2コマメ終わりの16時か3コマメ終わりの19時半ならと伝えると16時に来ることになった。

超能力中級が終わり、スプーンまげを練習していた頃、

3コマメのスピリチュアリストを受講するため、きよみん。真鍋さん到着。

真鍋さんに「メタトロンやりますか?」と聞いたら、持ち合わせがないからとのことでしたが、かなり興味あるみたいで、機材をチェックしたり、色々質問したりしていた。

⑤ゆいりちゃん到着。メタトロンを受ける。

武仲さん開始時間より遅れて到着。ゆいりちゃんが受けている時に、武仲さん3コマメの途中休憩時間にメタトロンやりますか?と聞いたらやりたいとのこと。

⑥武仲さん3コマメの間の休憩時間にメタトロン受ける。武仲さんも超健康でした。てんこさんと武仲さんいいなー。健康な人はスキャンも早く終わってしまうから、悪いところがある人に比べて損した気分になってしまうかもしれません。

生年月日と血液型も入れるのですが、なんか意味あるのですか?と大仙人に聞いたら、データーが入っていて同じ年代の人とくらべてどうかということも見ているらしいとのこと。

大仙人の使っている機械はエメラルドという機種でこの9月に廃盤になったものらしくて350万するらしい。(ロータスというもっと上位機種もあるらしい。)

オペレーターの腕によってもメタトロンの結果は違うかも。

28日は6人の名古屋メンバーが大仙人のメタトロンを体験(きよみんは東京で体験済み)ということになり、重い機材を東京から運んできた大仙人の苦労?が報われた一日でした。

※写真はきよみんがとってくれたのをフェイスブックよりお借りしました。

真夜中のZOOM会議その1(スピレポ真理子集客奮闘記#11)

#10の続きから。

5月31日(水)の月のわカフェ(ZOOMカフェ)、ゆいりちゃんと、きよみんが来てくれて、きよみんが初めて心を開いてくれたー!!とうれしくなった数時間後の翌朝6月1日、北海道の大仙人ファミリーのかえるさんからメッセージが来ました。

「おはようございます🌞
大仙人より、真理子ちゃんとゆいりちゃんとZOOMカフェに入れてもらうように言われました😊
次、いつ開催しますか?********(読んでない)********」

わーい。かえるさんもZOOMカフェに来てくれるんだ。嬉しいな。来週が待ち遠しい。来週水曜日22時からですと。お返事。

あれ、かえるさん。なんか普通のカフェ参加とは違うみたい。名古屋事務局のことで早急に話をしたいって。最初のメッセージを見直した。(***の部分)何度読んでも最後の一文の意味がどうもわからない。

きよみんが事務局おりた。

昨晩のZOOMカフェではきよみん、転職の就活中という話だったから大変だなあと思っていたのですが、そんなことちっとも言っていなかったぞ。

状況を把握出来ないまま、なんかかえるさん急いでるみたいだったから、私、今日遅番で夜10時まで仕事だから夜11時からなら大丈夫です。ゆいりちゃんの予定も聞いて、それでOKなら(すぐにメッセージが来てOKでした。)ということで夜11時にZOOMで3人で話しをすることになりました。

30分ぐらいぼーっとして考えていたら、きよみんがおりたの意味がやっと分かってきたので、心がざわざわしながら、大仙人に6月のセミナーの主催は誰がやるのですか?とメッセージを送ると返事が来ました。

「かえるさん、8月伊勢神宮参拝ツアー主催してもらってますので、 真理ちゃん、ゆいりさん、と話してもらって、決めてほしいとかえるさんにお願いしています。 真理ちゃんにお願いしたいともわたしは思ってますが、 1番うまく行くように3人で決めてもらえれば と思ってます。」

 

うわっ。来た。と思いました。

19年やったネットショップを閉店すると決めてから幾つかお仕事のオファーを頂いていたのですが、どれも途中から進展せず、ポシャっていました。

数ヶ月前、ビジネス塾の大先輩、朝バナナダイエットの仕掛人、名プロデューサーのはまちさんから、「真理子さんはカリスマ先生のサポートをする(一緒に仕事をする)と突き抜けることができるよ」とZOOMで話しをした時にアドバイスをもらっていた事を思い出しました。

その頃はカリスマ先生と言ってもはまちさんか、久家先生ぐらいしか思いつかなかったのですが、久家先生もはまちさんも大人気でお弟子さん沢山いるし、ZOOMでは会えるけど、実際会うのは距離もあるし。とか色々考えてしまって遠慮してしまってたのですが。

今回、向こう(先生)から具体的に(名古屋事務局、主催)のオファーがあったのだからこれチャンスだよね。それもZOOMカフェを2月からはじめて継続して続けていたことで、ZOOMで話がくるなんて出来過ぎじゃね。

あとは条件次第。

実は私、ほとんど事務局受けるつもりで夜中のZOOM会議に望んだのでした。

#12に続く

大仙人名古屋女子部(スピレポ真理子集客奮闘記#10)

大仙人に名古屋の集客を手伝ってくれと言われて、きよみんをリサーチしてから、4月後半から仲良くなろうとアプローチしたのですが、私はきよみんが超苦手な年上女性。

スカイプで一回お話しようとか(回線状態が悪く、落ちまくりで諦めました)、フェイスブックで何を手伝ったらいい?と申し出たり、集客の軍師様のお食事会(結局中止になったのだけど)に積極的に誘ってみましたが、ガードが強く。拒否られまくり。

5月11日のマユミワインの会で美味しそうなおつまみを食べながら「大仙人に名古屋の集客手伝ってと言われたけど主催者のきよみんと全然仲良くなれないんだよねー。」とゆいりちゃんに言うと、(ゆいりちゃんは安城在住の婚活カウンセラーさん)ゆいりちゃんが「きよみんさーん。」って言ってこちらから近づけばお話してくれるよ。と言ってくれました。「そうかなー?」「大仙人どう思う?」と言ったら「ほっておけば。」と冷たい一言。色々事情があったのだと思いますが、

大仙人がきよみんを手伝ってって言ったんだろうがっ!

ゆいりちゃんは大仙人名古屋ファミリーのお茶会をやりたいと言っていました。その時は意味がわからなかったのですが、結果的にその後、ゆいりちゃんは私ときよみん、大仙人名古屋ファミリーを引き合わせてくれるクッションになってくれたのでした。本当にありがとう。その節は大変助かりました。

私はオンラインのZOOMカフェを毎週水曜日の夜、2月1日からやっていましたが、テーマがなかなか決まらず、集客に苦戦しておりました。「オープニングパーティ」とか「続けるメルマガプチセミナー」とか、やることが決まっていれば多少は人は集まるのですが、フルタイムの仕事を再開しながら、ネットショップ閉店に向けて動いておりましたので、毎週開催するだけで一杯一杯。オンラインで繋がったまま誰も来なくて寝てしまうこともありました。(ZOOMって人が来るとピンポーンと教えてくれるからね。)

5月31日(水)のZOOMカフェイベントページをフェイスブックに投稿したらゆいりさんがコメントしてくれました。え。これってZOOMカフェ参加ってことだよね。わーい。19年前、初めてネットショップで注文があったときみたい。嬉しい。

よーし。きよみんもゆいりちゃんが来るからということで、思い切ってまた誘ってみよう。とフェイスブックでメッセージ送るも、用事があって参加できないみたいなお返事。また拒否られたけどまあいいや。

予定どおりゆいりちゃんがZOOMカフェに来てくれて九星気学の占いをやってくれました。

ゆいりちゃんは私の一つ年下、私が一白水星でゆいりちゃんが九紫火星。んで2コ下のきよみんが八白土星。

九紫火星の人が九星気学にハマるのが今なら分かるような気がする。「スゴ運」の著者、宝くじで6億当てた唱田士始矢さんのWEBセミナーを最近見る機会があって、九紫火星は最強だと言っていたのが印象的だった。九星の中で、苦手【相克】なのは一白水星だけなんだって。

だから八白土星のきよみんとも年上に限らず仲良くなれたっていうのはやっぱりアレよ【相生】の関係だから。

中学生だったら私が3年の先輩できよみん1年坊主じゃん。色々一人で抱え込まずに先輩達に任せたらいいのにね。

そんな話をしていたら、ピンポーン。きよみん出現。でも回線状況が悪くて画像が固まっている(ちょっとコワイ)。

あれー。来ないって言ったのに。真面目というか。律儀な性格なんだよね。きよみんは。

でもめっちゃうれしかった。例によってネット環境悪くて何回も落ちたけど。やっときよみんが心をひらいてくれた!と感じた出来事でした。

何か一個クリアすると、溜まっていたエネルギーがドーンと来ることがあります。今思えば、これ(大仙人名古屋女子部)がドミノだ押しの1つのピースだったのです。

名古屋女子部っていっても出身はみんな名古屋じゃないけどね。(私が埼玉、きよみんが岩手、ゆいりちゃんが兵庫)不思議なめぐり合わせの3人です。

ハウルの動く城(スピレポ真理子の集客奮闘記#9)

2017年3月に初めて大仙人のセミナーに出て、翌月4月も1コマメのセミナーに出た。

少人数の開催に集客大丈夫かいな。と思いましたが、実はその後すぐ、大仙人から集客を手伝ってくれないかと言われていたのです。

2回めのセミナー後の個人コンサルは「ZOOMでやりましょう。」と大仙人に持ちかけて私がホストとなり、ZOOMでやりました。その時、スピレポ真理子も誕生したのですが、ダイジェストでカットした部分は、集客に苦戦しているきよみんを手伝ってくれたら助かるという話しでした。

集客をお手伝いするにしたって、まずは相手(手伝う人)を知らないと。

きよみんってどんな人だろとフェイスブックの記事やブログを読んでリサーチした所、なんと自分より2歳も年下と判明。うそだろー。

きよみんの第一印象、ニコニコしてたけど、私よりかなり年上(めっちゃ失礼ですがホントは10歳どころじゃなくてもっと上)と思ったのですが、

きよみんのフェイスブックの神社参拝の写真を見ても、白髪はあるけど、年相応か、お肌なんてシミ・シワなくてツルツルピカピカで綺麗。茶目っ気ある子供っぽい印象。第一印象と全然違う。。

私の最初見たものはいったい何だったんだろう。

一般的に老けて見える人は、大きな病気をした。大切な人を亡くした。出産直後。疲れている。大きなストレスを受けた後というのがあるけど、きよみんって大変つらい人生歩んで来たみたいだけど、なんかそれとも違うみたい。

思ったのが「ハウルの動く城」のヒロインのソフィー。

きよみんを見ていると時々、おばあさんみたいな魔女(物語に出てくる魔法使い)が現れる。

魔女の出現条件は色々あるのですが、今はちょっとだけ分かってきた。恐らく、自分を守るため、防御かな。

きよみんは、初めて人に会う時、知らない人が沢山いる場所など、とっても緊張する。

そして私の推測ですが、年上の女性に特に苦手意識があるみたいで、ターゲットを見つけると、最初自分の方を年上に見せ、ナメられないようにしようとする(無意識の領域)

最初の頃はめっちゃガードが固く、一生懸命だけど、色々なもの抱えて大変そうで、表情も固く暗く、とっつきにくく、魔女がよく出現していましたが、

私が事務局引き受けて2ヶ月目ぐらいかな、7月の神社参拝、恵那神社に向かう大雨の中の運転中の「おもしれー」発言から、なにかふっきれた、重荷を降ろしたかのように、本来の子供っぽい楽しい茶目っ気きよみんが沢山出てきて今はとても良い感じ。

ということで最近はおばあさんの魔女はあまり出現しなくなりました。

大仙人に会ってから色々おもしろいこと経験しています。

最初の頃はセミナーが終わった後、帰る時など、交通機関が乱れて色々なところに連れて行かれて、まっすぐ帰れないことが多かった。だからハウルの動く城の世界も出てきたのかな。時空を超えるというか、空間を歪めるというか。

びっくりドッキリ大仙人。

大仙人は出会う人を変えてしまうパワーを持っている人だと思います。

集まってくる仲間もとっても楽しい。そんな今日このごろです。

 

大仙人個人セッション#1(スカイプ)2017.3.8

大仙人の3時間のセミナー(お金創造のリアリティメルマガ読者事前振込1万円~お話会以外のどのセミナーでも)を受けると個人セッションの特典がついてくるのを知っていますか?(2017.10現在有効)

これってすごいことなんですよ。今すぐ大仙人のセミナー申し込んでこの特典を受ける(もらう)ことをおすすめします。

ただセミナーを受けるとアンケートが配られて、セッション希望の日時を記入しますが、その後、自分から大仙人に個人セッションを受けたいと言って予約しなければ受けれません。(大仙人は多忙のため、アンケートを見て●月●日セッションやりましょうか?と向こうから言ってくれることはまず無いです。)

私の昔のメンター(女性)は1時間半のセミナーが大体5~6千円でしたが、1時間弱の個人カウンセリングは2万円でした。他の先生でもセッション1時間1万円ぐらいはします。だから大仙人にかぎらず、モニターで数千円(あるいは無料)でセッションをやってくれる方がいたら受けてみるのもいいかとおもいます。占いだって30分2~3千円しますから。ノウハウを持っている方が、時間をあなただけために使ってくれる、それが個人セッションなのです。

私が大仙人のセミナーを初めて受けたのが2017年3月4日(土)その4日後の8日(水)の夜に1回目の個人セッションを受けました。その日は大仙人の誕生日。フェイスブックのコメント欄には沢山の人がお祝いのメッセージを書いていました。

フェイスブックはタイムラインにお誕生日メッセージを書き込みましょうみたいなのが出ますが、ビジネス目的でフェイスブックをやっている方にとっては、あまり意味のない投稿が多くなってしまうので非常に困るのです。このコメント欄にお願いしますというのは、いいアイディアだなと思い、今年の私の誕生日にはこの方法をマネさせていただきました。コメントしてもらう記事がもっと考えられたものだと尚良かったかなと思います。フェイスブックを本格的にやりだして2回めの誕生日は色々な方からコメントと個人メッセージをいただきました。コメントの方がお礼の返信コメントもれずにしやすいですね。メッセンジャーでのメッセージは後でゆっくり読んで返信と思っていたら何人かは流れてしまいました。後でさかのぼってお返事せねば。

個人セッション1回目はスカイプで受けました。大仙人は自宅(神奈川県)から。私は2月1日からZOOMカフェをやっていますので、スカイプよりもZOOMが良かったのですが、大仙人はZOOMをやったこと(参加したこと)あるけど、ホストになったことはまだなかったみたいで、初回だし、慣れているスカイブにしましょう。ということになったのでした。

大仙人に自己紹介(今までどんな人生を歩んできたか、スピリチュアル歴)を話したら、占いみたいなことをしてくれました。その時のメモ書きを元に思い出しているのですが、こんなことを言われたのを覚えています。

45歳(その時は44歳でしたが)が一番底辺(金銭的にも)で51歳のブレイクポイント(大きな成功)に向かって行く時、それが85歳まで続く。

やりたいようにやれば良い。

教える、色々移動する(移動したほうがいい)。

紫微斗数【しびとすう】(大仙人は占い師か?という程、知識がある。後日まゆみワインの会では手相を見てもらった。)

仕事はいい。太っ腹。大仙女(大仙人に対してか?)

あと大仙人の有料個人カウンセリングのメニューの説明とお金のブロック解除、コアブリーフ解除のコースを熱心に勧められました。10万~ぐらいのコースね。その頃大仙人のセミナー出ること旦那が猛反発していましたので、すぐは無理かなーと思いながら1回目のセッションは終わったのでした。

 

 

 

リンさんの笛売日記(スピレポ真理子の集客奮闘記#8)

集客奮闘記、セミナーレポート、わずか半年前のことですが、良く覚えてるなと思われる方もいらっしゃると思いますが、ノートや手帳、レジュメの紙の裏にとったメモやフェイスブックのログから情報を集め、頭の中の記憶と合わせ、再構築する作業をしています。

「記録を取れ」というのは、最初は笛職人の元夫から教わったことです。元夫は私のメンターでもあります。彼の作った作品を表参道の路上で売るというのが私のセールスのキャリアの始まり(20歳、大学3年の時)です。当然全く売れません。すぐに嫌になって泣き言を言う、バイトもほとんどしたことがないお嬢様育ちの私に、職人気質の彼は、毎日小さな工夫(改善)をすること、気づいたこと、アイディアのメモを取ること(日報を書く)を教えてくれました。路上にお店を開くと、小さなノートを出し、日時、場所、オープンした時間、天気、笛の並べ方などを書いていきます。いくらの笛、なんのキーの笛が売れたか、どんな人が通って立ち止まったか、どんなセールストークをしたかメモを取るのです。

高校生の時にMSDOSのパソコン操作を学び、結構パソコンが得意だった私は笛屋のホームページを作ることを思い立ち、1997年秋、雑誌についていたおまけのホームページ作成ソフトを使って試行錯誤しながら、笛屋のホームページを作りました。

当時横浜(港北区)に住んでおりましたが、行動出来たのは、子供が小さく、お勤めも、路上に毎日売りに出ることもできない。収入を増やす道はインターネットしかないという切羽詰まった理由があったからです。かつて私はセルフイメージが低く、元夫に働いて(笛以外で)と一度も言えませんでした。

元夫は子供が生まれて(1994年)から、笛を作らず、1日中ゲーム(プレイステーション等)をして過ごしていましたが、親にゲームを作りたいから、という理由でパソコンを買ってもらっていたのでした。で、結局作らずほったらかしになっていたパソコンですが、1997年夏ごろからインターネットをはじめました。プロバイダーのビックローブと契約、ダイヤルアップ接続。主にゲームの攻略の検索に使っていました。

最初は私のやっていることを小馬鹿にしていた元夫が、私の作ったサイトを見て「お前のページデザインはオイラの美意識が許さん。」ということになり、ホームページ作りは彼が担当することになりました。せっかくノッてきた創作活動を禁止され、じゃあ私は何をしようかな?と思ったときに、彼が好きなアイドル(広末涼子さん。小沢真珠さん。)の写真などを雑誌からスキャンしてアップして、お気に入り美女図鑑を作っているのを見て(当然著作権問題ありますが、当時はまだ緩かったのよ。)

大好きな女性実業家さん(メンター)の情報をインターネットで検索しても自分の欲しい情報が全くなかったことから、彼女のファンクラブを作ったのです。後にこれがネットショップオープンに繋がっていったのでした。

他に私は”リンさんの笛売日記”というタイトルで、メモを元に日々文章を書き始めました、お客さんとの出会い、路上商人仲間の話。ブログなどない時代でしたが、人気ページになり。3ヶ月もすると日記を読んだ人が興味を持ち、笛を売っている私に会いに来る人も現れはじめたのです。

リンさんという名前は元夫から21歳のときにもらった私のホーリーネームです。

元夫はインドの宗教家バグワンシュリラジニーシ(Osho)の弟子(見た目も真似している熱狂的なファン、サニアシン)で、私に会う前にインドのプーナというところで密教の修行をしていました。実は、OSHOが亡くなってから名前をもらって、弟子になったタイミングらしいですが。

私はOSHOの直接の弟子ではないですが、まあ孫弟子になるのかね。バグワンは弟子に命名するからそれを真似して彼は私に名前をくれたのだと思います。

正式には ma anand 臨在といいます。

ma はサンスクリット語で母なる、女性につける冠詞。anandは至福。臨在(りんざい)はここにいることという意味らしいのですが、

ー母なる、ここにいることが至福ー

道売り仲間の印鑑を売っていた中国人の陳さんは、”中国語では、臨在は”とりあえずいる”と言う意味だよー。と笑いながら教えてくれました。

anandと名付けたのは、私の頭がグルグル高速で回っている(頭でっかちなエネルギー)だかららしいです。彼が出会ったOSHOの弟子のanandのミドルネーム持つ人はそういうタイプが多いらしい。

もうおわかりですね。anand はアーナンダーananda お釈迦様の弟子。私がお釈迦様の弟子だったと前述した理由です。確認したわけではないけど(どうやって確認するかもわからん)、エネルギー状態を見て名付けられたというのはなにか縁があるのだと思います。分け御霊っていうし。アーナンダーさんの要素を持っている人は私だけでなく他にもいると思います。

そしてこの”ハッピーラッキーミラクル大仙人名古屋事務局”と”スピレポ真理子の集客奮闘記”は昔やったことをまたやっているだけじゃん。ということになります。そうです。その通り!!

私、アニメの「弱虫ペダル」(自転車競技部のスポ根アニメ)が大好きで何度もリピートして見てるけど、主人公の小野田くんのケイデンス一点突破(またそれ?それしか無い)みたいな。

昔私が作ったサイトは諸事情により今ほとんど残っていません。お見せできないのが残念ですが、過去の経験も全部エッセンス。再構築されることでしょう。

金運アップ宇宙秘宝伝授セミナーレポート(2017年3月4日)

私が受けた記念すべき、大仙人のセミナー1回目は2017年3月4日(土)名古屋栄(伏見)の宝第一ビル6F 9時半~12時半(道に迷って10分ほど遅刻)

参加者3名(私、きよみん、と後もう一人女性)

大仙人のセミナーは前半部分が理論、後半部分がワーク(実践)となっています。ホワイトボードにレジュメを書き、大仙人がアナウンスするタイトルコールから始まります。「金運アップ宇宙秘宝伝授セミナー、2017年3月4日名古屋 イェーイ!!」

私はセミナーってライブとおんなじだと思うんです。オーディエンスが盛り上げてアーチストを助けるみたいな。

でも人数少ないとあんまり盛り上がらないんだよね。あと私、旦那さんの反対を押し切った手前、大仙人が本物かどうか見極めなきゃみたいなのがあったので、初回このセミナー(ライブ)を何も考えずに楽しんじゃうぞという基本姿勢を忘れていたかなと思います。

冒頭、大仙人は2/27に国際霊主体従会を創設、スピリチュアルを教える(広める)大使(アンバサダー)を養成すると言ってました。あと2年後、日本の年号が変わるらしい(どこ情報??)、今は幕末に近い感じとも(これからスピリチュアルが主になる)言っていました。これはなんとなく分かる。

長年スピ本を読んでいる私にとって、今回のセミナー初めて聞いた(価値観がひっくり返った、まるごと変わってしまった)と言う話はありませんでした。でもこれだけ難しい用語がふんだんに入ったセミナーというのは初めて。知っている知識をフル活用してなんとかついていきました。ホワイトボードグリグリ書くし(聞いていたけど)早口でノート取るの大変。

講義がはじまって、私は大木ゆきのさんの赤い表紙の宇宙におまかせ手帳(2017年限定。めっちゃお気に入り)の3月のフリースペースのところからボールペンでメモをとっていたのだけれど、足りなくてその前の2月の週間スケジュールのところまで使って書いていた。

天河弁財天さんの入神、自動入金システムも結構面白かった。

お金のダメダメの4つのうち貯蓄目的の貯蓄というのが、よくぞ言ってくれましたという感じ。なんかお金使うことがいけないみたいなそういう教育ってあるよね。あと貯金が沢山あるからエライみたいな。

あと過度な節約も納得。経験ある。人生がつまらなく、変なところで出費がかさむ。

セミナーの内容はめちゃ盛りだくさんでまとまっていて良かったと思いますが、大仙人のパフォーマンスはちょっと硬かった(それはオーディエンスのせいかもしれないけど)。

本物かどうか、スピリチュアルのメンターにしていいかよくわからないからもう一度受けてみるか。

セミナーの最後に次回のセミナーと参拝ツアーのの日時と懇親会(リッチアンドウェルシー会)の案内があり、だいたい仕事のシフトの休みの希望の締めが5日ぐらいだから明日出勤のときに申請すれば間に合う。4月8日(土)は休みを入れて、来月もセミナー出れるなそんなことを考えながら

帰り栄方面に向かって歩いていたら味噌煮込みうどんの名店が、一人名古屋ランチとなったのでした。味噌煮込みうどん。私の大好物なんです。

 

 

 

 

 

きよみんとの出会い(スピレポ真理子の集客奮闘記#7)

大仙人とフェイスブックで友達になったのが2月12日。

それから3月4日の金運アップ宇宙秘宝伝授セミナー申し込んで、大仙人のフェイスブックページで名古屋のセミナーの写真かなんかを見て、「あー。名古屋セミナーの常連さんなのかな。」ときよみんにお友達リクエストを私から2月24日に送っています。初メッセージが3月4日に大仙人に会いに行きます。

多忙な大仙人からきよみんにセミナー申込者の連絡はすぐになかったんだと思う。きよみんからご丁寧に3コマあるうちどのセミナーに申込んだのか聞かれ、振込先やセミナー会場のホームページの紹介など、いたせりつくせり。

私はこの辺はきよみんにはかなわないな。だってセミナーの申込方法や振込先、セミナーの会場、ネットで自分で調べれるし、申込完了してから連絡してるから既に振込済みだし。今まで沢山のセミナーに参加して、ずっとそうしてきたから。疑問点があったらすぐに自分で聞くし。なんでそんなわかりきったことを連絡してくるのか。でもそうじゃない人もいるんだよね。

当時のセミナー会場(宝第一ビル)は初めて行く場所で、わかりにくいところにありました。実は前日も名古屋に来たのだけど、それは会社の研修だったから遅刻厳禁。早く行くために新幹線使ってなんとか大丈夫だったけど。

方向音痴の私は初めての場所は、時間に余裕を持ってったほうがいいのだけれど、ちょうどいい電車がなかったので、予想到着時間、開始時間ギリギリの電車を選択。大仙人に会うことに緊張しているのか(引きが強いので久々のアタリかもしれない)、なぜか地下鉄も降りたい駅の手前で降りてしまってもう一度乗り直し(数分のロス)、そして案の定迷いました。

2月に分割で買ったばかりのi-phoneSE(その頃はまだガラケーとの2台持ちで電話契約なしでポケットwifiで接続して使ってました)の地図アプリを使って、近くまで来てるはずなんだけど、どうしてたどり着けないのかな?と思っていたら(変わりたいけど変わりたくない。時々何か見えない力が邪魔していることがあります。)

突然電話契約のないi-phoneが鳴り出しました。きよみんがメッセンジャーの電話機能を使って電話をしてきたのです。「げ。これどうすりゃいいの。」と思わぬ事態に出ることが出来ず、電話は切れてしまいます。そしたら大仙人からメッセージがあり、事務局が迎えに行きますということできよみんが探しに来てくれて無事たどり着けたのでした。

今まで色々なセミナーに参加しましたが、道に迷って、遅れますと自分の方から連絡したり、会場に行くのにどうしらいいか聞くのではなく、主催者の方から連絡があったのは、ほぼ初めてのことで、なんだろうこれ、今までと違うパターンだなと思ったのです。

きよみんの第一印象はなんか、ニコニコしている人だな(私もですが。。)見た感じ、多分私より10歳は年上。でも何処かで会った懐かしい印象。

だから見たことあるけど、何処かであった?(前世かもしれないけど)って途中休憩の時きよみんに言った記憶がある。

道幸さんのセミナーかな。ときよみん。

道幸さんは、ベストセラー”加速成功”(漫画にもなってる)の著者で、ビジネスマン。実業家。北海道出身、最近”ゆほびか”という雑誌に神道系の記事を書いたりしているけど、スピ系のセミナーやってることをこのときに初めて知りました。

道幸さんは知ってるけどセミナー出たこと無い。私道幸さんと同じ年(1972年生まれ)なんだよ。といったら、道幸さんのセミナーはお高いから。大仙人のセミナーは本当に内容が充実していてすごくオトクなんだよ。というのようなことを聞いた。

その頃大仙人ときよみんの関係はちょっとギクシャクしていた。大仙人はきよみんに対してとっても偉そうだったし、なんか変な雰囲気だった。

そして会場全体に漂うなんだか暗い空気。一緒にセミナー受講した関西方面から参加した女性がいましたが、帰りに話しかけても、表情が暗くて、会話が弾まない。(お名前は覚えていないのですが、顔はなんとなく覚えているので今度あった時お話しましょうね。)なにか事情があったのかもしれないけど、セミナー参加してお友達作ろうとは考えてないみたいでした。

きよみんかなり緊張していたみたい。集合写真取るの忘れてるし。大仙人は自分の本も持ってくるのを忘れたので次回ってことでした。

一番前の真ん中。特等席に座った私。赤いダウンジャケット(ラコステの)が写ってる。